#148

涙誘う


文化


昨日の話になりますが、電撃文庫のハセガワケイスケ著、
「しにがみのバラッド。」を買いました。
―とんでもなく感動しました。
思わず涙が出るんじゃないか、というぐらい。
哀しい物語です・・。
まだ2話分しか読んでいませんが、もうこれは絶賛です。
こういう話を読みたかった・・。
今まで買っていた「キノの旅」とはまた違う。
やっぱり本は多くの種類を手がけるべきですね。

0

コメントを残す