#290

鍵が無くば玄関が家 #2


ゲームのプレイ日記 今日の出来事


いつも通りの帰り道、いつも通りの川沿いの道をゆったりと走っていたら、
突然登校仲間のW君が現れてビックリでした。
で、「世界史の問題用紙貸して」というので、しょうがなくこぐのを中断し、
カバンの中をあさる事7,8分。ありませんでした。
「絶対無いよ」と言ったのに・・。
しょうがないので、「あーあ」で終わらせ、いつもの分岐点で別れようとしたら、
「ちょっと待って!」
「えぇー・・っ・・まだ何かあるの?」
「鍵がない!」
あっそ、で終わらせてくれないのが昔からのW君の特徴(?)で、
じゃあ、今からそっちの家にお邪魔するから等と言ってついてこようとしたので、
何度も言って追い返しました。
いつだったかC君の場合はそれでもついてきたわけですが。

W君は鍵っ子なので、親が帰ってくるまで玄関でしょんぼりと過ごすわけですが、
やはり近所に住んでいる僕に突っかかってくるわけです。
メテオススタートリップモードをやっていて、
新記録を出した次の旅、第4ステージの真っ直中に、
「ぴんぽーん」(×2)
と、訪問してきました。
世界史の答案用紙を貸してくれ、ということで、
また探し、今度は見つかったのですが時間つぶしが目的らしく、
また問題用紙を、
「今度はオレが探すから」
とあさり始めました。それも終わり(結局無かった)、帰り際に
「あーあ・・暇だな・・」
とつぶやくので、しょうがないのでゲームを貸してやって漸く一件落着。

なんだかんだで彼とは小5の頃からの腐れ縁です。

0

コメントを残す