#362

蝉の鳴く空梅雨ばかりを夏と思ふ


空想


昨日・・正確に言えば今日の夜はムシムシと暑かったです・・。
僕的にはそんなに滅茶苦茶暑くは無いのですが、
何故か5時まで眠れませんでした・・・。
正確には3時から5時までの記憶が無いので、そこで寝たと思うのですが。
身体の節々がイライラしてとにかく地獄に等しい時間でした・・。
しかも次に起きたのは何故か7時。その次は9時。次は11時。
そして12時。ホント寝る事に対して苦痛でした・・。
しかも起きたら昼食・・ラーメン。
ただでさえ食べる気無いってのに・・。
そのあとに食べたアイスが凄くおいしかったです・・。

俳句・・作ったのはおよそ6ヶ月ぶりです。
『寒くてもあなたの気持ちはあげられる』
これ以来ですね。で、これは最近の暑さに対する心情です。
梅雨らしい梅雨じゃないことを“空梅雨”といいますが、
そこで蝉が鳴いていたらもうこれで夏は充分だよ!
というのがこの俳句の大体の意味です。
製作時間5秒(!?)なので、それだけストレートに伝わってくれたらいいかなと。
先月までは手弱女振りな詩が多かったのに、
次に公開する「夏休みの詩」以下6作品も製作時間が凄い短い、
ストレートに力強く、いわゆる益荒男振りがおおいと思います。
いずれどっちも作れるようになってみたいとか思っています。

ということでこの俳句をスタートとして新ジャンルを始めてみました。
」 増える速度はゆっくりと上昇すると思います・・。

0

コメントを残す