#574

新潟県暴風雪停電事故


今日の出来事 備忘録 自分


最後の登校日。
しかし予報通り外はとんでもない暴風雪。
弟の学校から連絡網が回ってきて、中学校は“自宅待機”でしたが、
あいにく僕の方には連絡が来なかったので、
こんな時こそ友人W君の車に便乗させて貰いました。

学校へ着くと何か様子がおかしい――。
停電、でした。学校内が薄暗い状態で、暖房もついていない。
既に登校していたK君の話によると、8時15分頃に一度あったらしく、
僕が登校(8時25分)する前に一度復旧してまた消えたそうです。
で、朝読書の時間に復旧・・・したと思ったら数分後また消灯。
先生達は総出で会議を始めたらしく、一限はまずつぶれました。
連絡があって、“通常通り授業をする”そうで。ふざけるな!
しかし一限が終了(といっても学校内は混乱して常に休み時間状態)し、
2限の中盤ぐらいの時間にもう一度連絡があり、
送迎の車が来るという人は帰ってもいいとのことで、帰らせて貰いました。
4時間の授業はつぶれ、昼休みも無し、終業式も大清掃も無し。
帰宅したのは11時前。家の中は人はいるのに電気がついていない・・。
こう言う時こそとラジオを聴きながら昼食を取り、
その後もラジオを聴きながら、しかしやることが無いので布団に潜りました。
おい森をしていたのですが、バッテリー切れを恐れて音を出せず、
“半起半睡”状態で過ごすこと約3時間半。

ラジオによると停電の原因は送電線のトラブルらしく、
新潟県内で69万戸が停電。さらにほとんどの信号が機能せず、
大渋滞の中、警察が交通整備をしていたとのことです。
最大瞬間風速は33m。陸空海の各便が停止。復旧したのはついさっき――。

こんなにも規模の大きい停電を経験したのは初めてで、
改めて“電気”が日常に欠かせないものだと言うことが身にしみました。
大型店では懐中電灯と電卓でなんとか惣菜・おやつなどを売っていたそうです。
大変だなぁ・・。こう言う時こそ県民の協力性が試されるってものですよね。
去年は大地震、今年は年末に停電と、なにかとトラブルの多い新潟県ですが、
僕もいち新潟県民として何か頑張りたいと思います。
さしあたり、年末大掃除でも・・。

0

コメントを残す