#783

叶わない願いだからこそ


今日の出来事


1学期期末テスト4日目、最終日。現代文と英語Wでした。
前者は非常に難しい題材で、しかも教科担任も「平均50点ぐらいを目処に・・」と
思いっきり難しくする事を宣言、勉強時間0分。
後者はもとから難しい教科で、しかもワークも何もやらず、
この際どうでもいいやとテスト前最後の自習すら、勉強時間0分。

自己採点上は現代文は何とも言えませんが寸前にノートを見返したのでまあまあの出来。
ノートに板書した問題がそのまま出ることもあり、いくらか助けられました。
英語Wは、ハッキリと「あー、赤点とった時の手応えだ・・」という感覚がありました。
まぁこの際どうでもいいです。こうなったらもう生物だけよければいいです。
順位予想は、生物>数学>現代文>家庭科>国語表現>英語R>日本史>英語W
といった感じ。英語R以下は50点前後かあるいはそれを大きく下回ると思います。
五指にはいろうなんて、考えが甘かった・・。

さて今日は七夕ですね。去年の今日の日記(#350『祈願詩』2005年07月07日)では
『不運な事よりも幸運な事が沢山、起こりますように』
と書いています。要は総括的にいい生活を送りたいということで、
なんと詩まで公開してましたね。これ、確か学校の帰りに即席で作っていたような。
さて2005年7月から今現在までは果たしてそうなっていたでしょうか?
この間の最大の功績であるおい森同盟運営を考えると、結構幸運の方が多かった気がします。

今年は何を願おうか。到底叶わないようなものでいいなら、色々あるんですけど。
具体的に何かって・・書く必要ないですよね。去年の日記にもしっかり書いてる。
烏滸がましいって・・・。そりゃ、そうかもしれませんけど。
不似合いと言われようと、こっそり彼女が欲しいと言ってみる・・。やっぱ、だめ?
むしろ、七夕って現実逃避な願いを短冊に飾った方が面白いですよね?
悪く言えば妄想ですけど・・。
現実的なものとしては、徹夜しても疲れないようになりたい今日この頃です。
つまりは集中力を去年ぐらいに復帰したい、ということです。

でもやっぱり何より、今年のこれからの時期を考えると
『大学進学を成功させたい』でしょうか。
進学者対象夏期講習申し込みを回避し、もはや先生にも見放された僕ですが、
それでも一応明るみのある未来を目指したい気持ちはあります。
進学講習とかをいやがるのは、他と勉強方法が違うからであって、
決して勉強を根っから嫌いじゃないし、だからこそ中間時クラス6位という位置にもいたし。
そこら辺を学校側に分かって欲しいのも一つの願いかもしれません。

0

コメントを残す