#1199

現状把握


デジモノ


タグの並びが昨日と全く同じ。
ということで昨日の続きのような記事になります。
というか、日記のログでタグが扱えないならタグを使う意味あまりないかもな・・。
まぁ訪問数補助には使えるんですが。

まだ起床から2時間ですが、書くことはあると思うので今日は早めに投稿します。

昨日、血の出るような出費でUSBフラッシュメモリを購入。
目的は課題提出の媒体としての狙いもありますが、当然メイン目的は
vista新機能のreadyboostによる、足りない分のメモリの補完。
前も書いたとおりこのパソコンはvistaなのにメモリが微妙に足りないので
(パソコンでの表示は実際より少なくなるらしいですが)
CPU使用率が常時50%以上になったり、動画エンコードに12時間かかったりと、
それはもう肝心なところでかなりの弱点になってしまいます。
readyboostはフラッシュメモリの空き容量を使ってメモリを補完する機能で、
1GBのものを買ったので最大である元のメモリの2倍まで補完することができるはず・・
だったのですが、昨日の記事の通りインストールがどうしてもうまくいかず、
電源ボタン押しっぱなしの強制終了を何回もする羽目になりました。
ちょっと起動時間が遅くなってしまったような・・。

最終手段、メーカーへ問い合わせを・・というのが今日の最初の作業。
起床が12時35分、テスト前だというのに寝坊してしまった勢いでパソコンを開けました。
でも、問い合わせする前に、やっぱりなんとか自己解決したい・・。
予算2000円オーバーの現状に、さらに修理センターへの送料を使ったら
もうDVDレコーダーもかなわなくなる可能性もでてきます。
メーカーサイトのQ&Aなどを読み漁り、別の機種ですが“常駐アプリ”の介在が
なんとかかんとか・・という記述があったので、もしやと思い
最近ダウンロードしたgoogleパックというソフトで常駐していたプログラムを
すべて消して再チャレンジしてみたところ、なんとあっさりとできてしまいました。
今までの試行を思い返し消去法で考えると原因はgoogleパックに入っていた
「スパイウェアドクター」という常駐系のフリーソフト。
原因はバッファローでもなくNECでもなくgoogleだったか・・。
フラッシュメモリを買おうとする人は常駐ソフトに要注意。

晴れてreadyboostの導入にも成功し、現在稼働中。
思ったより効果が体感できるので満足です。エンコード作業で真価を発揮してくれるはず。
これで処理落ちとの縁は少し遠ざかってくれたと思うと、
つまっていたものが急に取れた解放感があって気持ちがいいです。

しかしつまっているもののうち、この解決で空いた穴は所詮液晶画面の中の話。
今日サボった以前に、数えてみるとほぼ全部危うい単位取得の件が
もうどうしようもなく頭の中を重くしています。
ためしに5月からの金曜日のブログを確認すると、遅刻したというのが数回、
サボったのが数回+今日、そして地震の件が通っていないとなると4科目全部アウト。
金曜日でこれですから、嫌いなためにサボりがちだった火曜日午後は落ちて当然・・。
木曜日2限に至っては欠席数9回。土曜日1限も多分明日で7回目になると思います。
残りの科目は、上手くいっていれば3,4回で済んでいるはずですが
欠席届を出そうにも研究室の場所が不明な先生の科目はたぶん4,5回になり、
半数は5回に達してしまうものだと思います・・。
34単位中20単位は落としてしまいそうな予感。なんてこったい。
とりあえず絶対確実の木曜2限の2単位はもはや逃れるすべ無しですが、
この講義は1年生に大量の夏休み課題を渡すという噂なので
ある意味では夏休みを楽にできたというメリットもあります。
もちろん来年は2倍の課題を渡され、
結局逃れることができないのは言うまでもありませんが・・。

とりあえずレポート提出ぐらいはけじめをつけたいところ。
というかプレゼミも落としてしまうと少人数の新1年生と机を並べて受講する講義が
2科目になってしまうので、いくらなんでもそれは避けたい・・。
どうせ今日は生活リズムが帰省以前のように戻った初日になると思うので
深夜はレポート作成に決着をつけたいと思います。

0

コメントを残す