#1303

秒針の赴くままに


今日の出来事


5時就寝7時45分起床。
奇跡的といっても過言ではない起床でした。
まぁ、少し油断した為いつものバスの時間には間に合わず、
1限は遅刻しましたが。とりあえず木曜日の1限は出席確認を最初にしないため
10分の遅刻はなんの影響もありませんでした。

2限は前期の9回連続欠席と、後期の先週までのオリエンテーション期間を経て、
多分4,5か月ぶりの普通講義の出席でした。
懐かしくもある前期4月のこの授業では日本文学色の濃いゼミっぽい雰囲気だったので、
月曜1限のプレゼミでは全体からするとかなり珍しくあまり退屈しない授業というのもあり
まぁそこそこ真面目に受けられるだろう・・と思っていたら大間違いでした。
正岡子規の生涯を講師が延々90分語って終わり。つまらないことこの上なし。
しかも少人数授業なだけに堂々と携帯いじったり寝たりもできず、
非常に退屈な講義でした。この科目は前回9回サボったにも関わらず
評定は“保留”という奇跡にして崖っぷちにある状況で、
後期で誠意が見られないと前後期共倒れという可能性もあり、
間違っても講義室が分からないからサボったなどという言い訳は通用しそうにありません。
多分、通常は許容範囲の4回サボりもまずいんじゃないかなと・・。

帰宅後は何をする力もなく、即昼寝。
2時間だけ寝るつもりだったのが結局18時半まで寝てしまいました。

ところで、少し落ち着いてみると早くも後期が始まってから1ヶ月が経過したわけで
その間何をしていたかというと、バイトいやだなと苦悶していただけでした。
そんなうちに講義もそれぞれ今週で(休講がなければ)6回目にさしかかり、
いつの間にか3分の1が終わっていたというわけです。
ということは1回しかサボっていない科目はこのペースでも案外問題ないということか・・。
逆に2回サボっている科目はこのペースで行くと欠席数が6回になりアウトですが、
まぁそこら辺はなんとか頑張るしかないか・・。
いつの間にやらもうすぐ10月も終わり、冬休みまであと7週間とちょっと。
1週間の早さを鑑みると、もう1年も終わりかなと思ってしまいます。
正直な話、このまま何事もなく2007年はさっさと終わってくれと思うばかりです。

余談ですが、今日は月2回しかない燃えないゴミの日だったのですが
朝ごたごたしていたために忘れてしまいました。
実は夏休み前、ベランダに隔離した7月の分がまだあったり・・。
それを除くとしてもゴミ箱周りでは4袋目に突入した、かなりの量の燃えないゴミがあり
今日逃したのは部屋の環境としてはかなり痛かったような気がします。
というか、いろいろ口うるさい割には回収日多くないんだよなぁ。
燃えるゴミが週2回、燃えないゴミが月2回、それ以外が月1回らしいのですが
ごみ出し場に出されているゴミの量からして明らかに
燃えるゴミも燃えないゴミも週1回の方が効率がいいと思うのは気のせいだろうか・・?
今日も例外なく、燃えないゴミの日は路上に崩れる勢いの山が出来上がります。
ペットボトル回収箱なんて溢れ返ってこれ以上出せない状況だったし・・。
まぁ、学生のごみ出しマナーが悪いからと自治体が学生にも回収役を回すという
とんでもない提案をしているようで、回収日を増やす提案をしたら
真っ先にそっちの方が実行されてしまいそうなので、現状黙っているしかないんですけど。

0

コメントを残す