#1644

意気込む事すら許されない


今日の出来事


夏休み53日目。

怒涛の11時間睡眠。寿司ネタと本が立ち並ぶという意味不明の夢で目が覚める。
最悪でも10時までには起きるつもりが14時起き・・・。
あまり自信ないけど、生活リズム矯正目的で今日は徹夜の予定です。
今日は夏休み最終日、だからこそ徹夜までして生活リズムを直そうとするわけですが、
時間割作成のために講義要項を開いたら、なんと明日もまだ夏休みではないか。

課題提出の科目が水曜日にあるからと昨日まで頑張っていた苦労は・・・。
そして14時起きの上コーヒーを飲んでしまい徹夜をする意味のない今日・・。
素直に1日延長は喜ばしいですが、特に生活リズムは不安です。
明日の夜まで起き抜ければさほど問題でもないとは思うのですが・・。
にしても、木曜が後期開講ということは初っ端から第二外国語か・・。

最終日だと思い込んでいた今日は、時間割作成メインで過ごしました。
今までは履修登録締め切り前まで時間割は作っていなかったのですが、
2年前期までに溜まった“不可”10科目の配慮も必要だったり、
夏休みでなんだかんだ『後期からは頑張ろう』という気持ちがうつろながらあるので
とりあえず後期開講前にちゃっちゃと作ってしまいました。
前期は恥ずかしながらバイト中心の生活前提で12コマ、週休3日と、
かなり最小限の道を歩んでいたのですが、
後期も張り切っているわりには13コマ週休2日。前期にちょっと色が付いただけ・・。
前期で落とした選択科目の後期履修分を切って、
代わりに選択必修科目の滑り止めを2科目追加。
滑り止めがある分最低限ではないですが・・・
1年前期の17コマに比べるとかなり少ない現実。
なんていうか、落とした必修科目やその他取れる科目がある時間枠に集中していて
時間割作成段階で履修を諦めないといけないという事態が多すぎるんですよね。
文系だからなのか、この大学だからなのかはわかりませんが・・。
ある選択必修科目群以外は割と履修ペースは余裕なのに、
その選択必修があるがために留年が見えているという状況です。
救済措置とかないのかなぁ・・。
履修単位数は足りてるのに必修1つ落としたから留年、授業料もう一度払えというのは
ちょっと理不尽すぎるのではと思ったりしています。
まぁ自分が悪いから大学側に何を訴えても無駄なんですけどね。

再履修も、したくても他の必修科目とことごとく時間割が被っており
結局今期の再履修はたった1科目。
もはや3年次は勝負の1年になってしまいそうです。

ちなみにアルバイト情報誌も一応手に入れてきましたが、
こちらは前期のトラウマもあり前期以上にやる気が出ない状況です。

0

コメントを残す