#1680

節電スイッチ


デジモノ 今日の出来事


寒いの一言に尽きますね。なんだか急に冬が訪れたような。

自転車通学の高校生活では、危なっかしい傘差し運転が心に刻まれているのか
しょっちゅうずぶ濡れになっていたような気がします。
バス通勤の大学生活はそういう意味では登下校に苦労することは少ないです。
半年で4万円かかる定期代を除けばの話ですけどね。
そんな中、今日は久々に土砂降りと通学時間が重なり苦労しました。
帰る時間帯になると風も凄いという。
普段傘要らずのバス通学をしているからか
朝、雨の音を聞くだけでものすごく行きたくない衝動に駆られましたが
明日提出の課題を終わらせてプリントアウトするためには
どうしても今日大学に行く必要がある上、
そうでなくても水曜日はすでに1度休んでいるので仕方なくノートPCを担いで出発。
普段なら2限だけの“半休日”ですが、
今日は貴重な午後の時間を削って図書館で課題を作っていました。
とはいっても14時半のバスには乗れたので帰宅後も時間があったのですが、
中途半端な時間だからなのか、どうしても何かをやる気には至らず・・
結果、17時には夕食とシャワーを済ませてしまうという
明日に響く1日になってしまいました。
夕食を早く済ませると明日の2限後半がかなり厳しいんですよね・・。
ただでさえ木曜2限はメンタルダウン必至の語学授業だっていうのに。

ところで久々・・でもないか。スマートフォンの話ですが、
今日とあるフリーソフトのバージョンアップをしたところ
使い勝手が滅茶苦茶向上したのでその感想でも。
Windows Mobileは、カスタマイズしてこそ平均やそれ以上になれる端末。
ある個人サイトのWikiを見てその個人制作のフリーソフトの多さに感動したのが
自分がWMを持つことになった最大のきっかけだったりします。
その中でも、今やこれなしでは考えられないという愛用ソフトが今日バージョンアップ。
WILLCOM03特有だった不具合が解消して使い心地が格段に上がったのでした。
そのソフトというのは、waku氏の『WkTASK』。
PCのタスクバーのように起動中アプリの切り替えをできるタスク管理ソフトです。
そもそもWMはPCのようなタスクの切り替え方をできず、
普通はokキーで最小化するかタスクマネージャで閉じるといった動作をします。
このソフトの存在を知った時は、
むしろなぜ最初からできないのか疑問に思ったものでした。
二重起動すればキーのみでタスク操作ができるので、
今はこれを使ってそれはもう導入前と比べて素早く操作ができるようになりました。

しかしそんな万能ソフトのWkTASKも、
WILLCOM03ではキーロックでサスペンドした後復帰すると
しばらくフリーズしてしまうという不具合がありました。
通学時にmicroSDHCに保存してあるmp3をWMPMoblieで聴いている自分にとっては
これはかなりの痛手。microSDHCにアクセスしている間は
基本的には勝手にサスペンドしないので、
この間非常にバッテリーを食うことになります。
一応、その都度別のフリーソフトを使ってサスペンドするのは不可能ではないのですが
かなり面倒なのでWkTASKの対応をひっそりと待っていました。
その対応をたまたま今日知り、さっそく導入。
キーロックを始めてまともに使えた爽快感にかなり感動しました。
今日は14時半帰宅なのであまり意味はありませんでしたが、
明日は4限までいつも通りに使いつつキーロックで節電を心がけて、
どれだけバッテリーの節約になるか試してみるつもり。

ところでこのスマートフォンの話はフリーソフト紹介にあたるので
本来ならトップの“ながしがき”に書くつもりだったのですが
結局ブログ記事の方に書いてしまいました。
なんていうかあれですね。今はブログ書くので一杯一杯で
9月末の張り切りはいくらなんでも突発すぎたというのが良く分かりました。

今日は21時就寝7時半で、週末はそろそろ本格的な昼夜逆転に戻りそうな予感。

0

コメントを残す