#1728

筆先から生まれる明日


空想


21時就寝7時半起床・・・。
どうやら3日後は起きてすぐバスに乗ることになりそうです。
それにしても、いよいよ実家帰省かと思うと久々にワクワクしています。
今現在もしかり、後半は実に自堕落でしたが、全体では任天堂秋カンファに始まり
11月には動画制作もしたりで、なんだかんだ色々やった3ヶ月間だったように思います。
まだ中規模クラスの作業が実家帰ってからも3つ4つありますが、
基本的に向こうではのんびりと過ごすつもりです。
年末企画は、夏のように早起きして実家にいながら一人で過ごす時間ができた時に
一気にやってしまいたいところです。あるいは2006年以前のように夕食後時間帯。
・・どうも向こうでは遊びに目が行く分PCでやる作業の処理がしにくい環境のため
果たして先月末に掲げた年末企画案を実現できるか今からかなり不安です。
まぁ基本的に1つを除いてあとは自分がやりたいから企画したのであって
暇さえできれば多分大丈夫だとは思いますが、如何せん時間がないんですよね・・。

それはおいといて、今日は無事サボらずに出席してきましたが
あろうことか筆記用具一式全部忘れました。後期開講日の過ちをここで繰り返すとは・・。
最近は講義中に今後1週間、ないしは1カ月、
たまにもっと遠い予定や企画を考えるのが習慣になっています。
まぁ習慣になっているのは高校時代からですが、最近は特に週単位で計画を組むことが多く
このところは帰省前追い込みということで、それがいろんな意味で充実しています。
前も書きましたが、そういう意味ではこの講義中が物事の種という立場になっています。
しかし筆記用具がないんじゃどうしようもないわけで。
携帯を延々いじってメモ程度にまとめるということもできるのですが、
どうも紙媒体でこういう習慣が付くと
デジタル媒体で同じことをやろうという気になれないというか・・。
気が付いたのが1限だったのですが、おかげで1限は教授の話を真面目に聴いていました。
聞いててそこそこ面白い教養科目でよかった・・。
2限が始まる前にシャーペンを1本だけ買ってきて、今日はそれで凌ぎました。
2限が特別講義とやらで、これはこれで企画などができない状況にあったので
何かを書いたのは実質3限だけでしたが・・。

帰省後は帰省になってみないと分からない面が多いので、
とりあえず18日夜までの予定を組んでみようとカレンダーを書いてみたものの、
もう今日は高速バスのチケットを買いに行き明日は洗濯を済ませて課題を掃除、
明後日の夜に帰省行きの荷物をまとめる、とこれしか書きようがないという現状。
課題が何時間かかるかにも寄りますが、
場合によっては今日が余裕のある最後の1日だったのかも・・・。

そういえば今日、母から成人式でるなら背広を持ってきた方がいいと言われたのですが、
成人式は乗り気がしないのが正直なところです。
親の手前、すっぱりと「行きたくない」と言えないのも辛い・・
というか卒業以来会ったことのない高校時代の知り合いに会いたくないというのが本音。
まぁ数千人規模だからばったり会うとも考えにくいし
一生の恥より一時の恥を選ぶべきだというのは自分でも分かるので
一応スーツは持って行こうかと思うのですが・・・。
今は同窓会の類に出席するような気分までにはまだ回復していないんだよな・・。

0

コメントを残す