#1730

今年という枷を外したい


今日の出来事 空想 自分


ただいま帰省の準備中。

最後の授業が終わった時に嬉しくなる感覚は昔随分と味わってきましたが、
それも久々だった気がします。
厄介な課題も決着が付き、部屋掃除も(一応)一通り終え、
22時に寝たもののなんとか6時にちゃんと起きられることもできて、
あとは荷物を詰め込んで明日5時半に起きて7時のバスに乗れば、冬の実家帰省。
まぁ、帰省が始まったら始ったでしばらく年末更新作業追い込みの予定ですが、
ひとまずはこの状態から解放されることには違いありません。
とりあえず一番うれしいのはご飯食べ放題ってところでしょうか。
この2カ月ほどで、十分な食事が取れていないと
集中力が激減するということを身を持って体感しているので、
そういう意味では帰省からが作業も娯楽も本番なのかも。

そんな帰省の前に立ちはだかる最後の壁は、荷物問題。
流石に夏のように子供一人担ぐレベルまで持っていくわけにはいかず、
何より長期休暇とはいえ1カ月未満なのでそこまで徹底的に持っていく必要はないのですが、
最低限まで荷物を絞ってもバック2つは完全に満タンに・・。
2つのうち1つは夏に持って行ったものの約半分の体積しか入らないので
そういう意味では夏の3分の2以下にはなっているはずなのですが・・。
まぁでも、重いけど夏よりは現実的か。
さらにスーツを持っていく関係で荷物が実質3つにならざるを得なくなって、
アパートから高速バスのバス停までの道中はカメのように歩くことになりそうです。
スーツケースがあったら楽なんだろうなぁ・・。

ところで今日で一応今年以内の授業が全部終わったわけですが、
去年と比べてやたら課題が多くてうんざりしています。
特に第二外国語の課題で、NHKの正月番組を録画するなりして見て
その感想を約3,000字、さらに登場した曲目の書きとりをしろというのは本当に不可解。
「日本語を使わずにテレビの前で復唱しながら書きとっていってくださいねwww」
お前は学生達をどうしたいんだ、っていう。
というか他人の正月をそんなことで汚すなよと。
実家帰省が終わって新年の講義が開講してから、
番組がYoutubeにでも落ちていたらそれをみて適当に処理するつもり。
どっちみち放送時間帯は祖父母家帰省から実家に帰宅中だろうし・・。
ともあれ、英語の方は逃げてああいう形になって
ペアスピーキング形式に苦しめられるのはこの講義だけとなったわけですが、
最後の最後まで真面目になることすらできずに終わりそうです。
というか来年後期は1年分の再履修があるっていう。

そういう意味ではいろんな意味で絶望を迎えつつの冬休みとなりますが、
今は表面上の事だけを考えて実家に帰り、そして新年を迎えたいと思います。
絶望するのは七草粥を食べ終わってからでも遅くはないですよね。
というか、年末に絶望しつつ新年を迎えることこそやってはいけないものだと思いますし。
嘘でもいいから新年は明るく迎えなきゃ、来年に何か黒いものを引きずって行きそうな・・
いや別に何かの信仰というわけでもないですが。

0

コメントを残す