#1823

持ち続けた色の流れ


デジモノ


春休み35日目。
相変わらずファンタシースターと若干FFCCEoTの日でしたが、今日は携帯の話で。

本体カラーを選ぶ時は、じっくりと悩むべきだと実感した今回。
えー、正直言ってシルバーにすればよかったという後悔が大分募ってしまっています。
購入日には書かなかったのですが、
ブラックはキーバックライトが紫なんですよね。
これがどうにも好みの色から離れ過ぎているというのがまずひとつ、
とにかく、自分でこういうのもなんですが自分らしくないんですよね、雰囲気が。
ブラックは無難な色として後悔するとは思っていたなかったし、
そういう考え方は今もあるのですが、どうやら
1代目(W44K)シルバー、2代目(W54T)シルバー、3代目(WS020SH)グリーン、
という流れで来たために自分がシルバー端末に慣れてしまい、
全身黒という端末に見慣れないために違和感があり、
この違和感がシルバーにしておけばよかったという後悔を手伝っているようです。
あと先述のキーバックライトは完全に情報収集不足でした。
ブラックが紫でシルバーが青と知っていれば絶対シルバー選んだのに・・・。

店頭で色選択した時に散々迷って選んだので、
この気持ちは単に隣の庭を羨む気持ちなのでしょうが、どうにもそれが強くて困っています。
端末カラーの交換ができないかSoftBankに問い合わせまでしてしまいましたが、
先ほどメールで回答が来て予想通りダメの一言で終わりました。
最終手段、白ロムを購入してSIMカードやらなんやらをそっちに移転する、
という手がなくもないか・・・?
いや、やっぱり今はシルバーのことは考えないようにするのを優先か。
他者から見れば実にくだらないこだわりなんでしょうが、
どうにも問い合わせした後から今日はこのことで頭がいっぱいでした。
ああ誰か紫色の魅力を教えてくれ・・。

端末の“中身”に関しては新たな魅力を発見したりしたんですけどね。
まず動画を変換して入れてみたところ、高画質WVGA動画も楽々再生出来た上
サラウンドなども設定できるというなかなかのクオリティ。
microSDHCも16GBまで対応とのことなので、
安くなったらこれを買ってムービープレイヤーに特化した端末にするつもりです。
あと、ある意味931SHで一番面白い機能とも言えるかもしれないのがカメラ。
画質は平均的な携帯のクオリティですが、
ピントを合わせたいものをタッチしてピントを合わせられるというのがとにかく面白い。
そうでなくとも、HXGAというだけで撮影が面白いのなんの。
まぁ撮るのは犬猫だけなんですけどね。金沢に行ったら封印される機能というのが残念。
ちなみに、ワンセグ周りの機能も
タッチパネルを利用した分かりやすいUIでなかなか快適なものでした。
というかタッチパネルって慣れると意外と快適なものなんですね。
購入前当初は指紋付くだろうし誤動作連発だろうしと期待していなかったのですが、
ちょっと触ってみるとすぐに慣れて、
むしろハードキーを使うのが面倒になってくるという事態にもなるほど。

端末の中身やスペックと言う点では、
余裕で2年持ちそうな魅力的な端末何ですけどね、
カラーの後悔の件は、最近自分がもの選びを雑に済ませていたという事に対する
ある種の天罰ともいえるのかも。

・・夕食前にブログを書こうとすると文面が機械的になるから困る。
こういう時に自分は語彙力がないと実感するものですね。

0

コメントを残す