#1832

かつて好きだったものの暗転


今日の出来事


春休み43日目。

昨日はWBCで日本中が沸き上がっていて、自分もその一人でしたが、
今日は一転してどん底の絶望に突き落とされました。
そろそろ来るんじゃないかと思っていたんですけどね。大学からの成績通知表。

落としたのは2科目。テスト前それなりに頑張っただけもあって浅い傷で済んだか・・
と思いきや、その科目というのがやっぱりというか学科専門必修科目。
もうあれだ。日本文学なんて嫌いだ。むしろ大嫌いだ。
自分のせいだよ。分かってるよ。でも、大学なんて無くなってしまえ。無くなってしまえ。
・・と、先ほどまで(今もですが)かなり病的に絶望していました。
落とした科目は確か金曜日4限。1年次に落とした専門必修も金曜日4限。
これでもし3~4年の同じ時間に必修科目があれば留年確定。
もうなんていうかね・・・ああもういやだ。何もかもが。
わかったよ頑張ればいいんだろう、という気すら起こりませんね。
それを超えて“これ以上は落とせない”という気持ちにもなっていますが・・。
これは多分アパートに入ったら消えるまやかしの気持ちなんだろうなぁ・・。
履修科目に関してはアパートに帰らないとちゃんとしたことは把握できないので、
真に絶望するか、かろうじてまだ光が漏れているかどうかはまだ今は分かりませんが
少なくとも今度こそ完全に後がないというのは確か。
落とした科目のテストは確か持ち込み可だったのですが、
普段取っていないノートから問題が出てきたために、
手元にプリントしかない自分は点を取れなかったんじゃないかと。
今期からは必修だけは週末計画も立てずにある程度真面目になる必要はあるか・・。
趣味関係に支障でるよなぁ・・・。

それで、ついでに春休み明けのスケジュールなども明らかになり、
帰る日は今のところ29日で考えています。
最初に大学に行くのは04月01日のオリエンテーションなので31日までは余裕があるのですが
今月末に3日間だけ教授が学校生活について相談に乗ってくれる期間があるので、
せっかくなので全く不透明な就職についてもしかり、
この履修状況について話をして少しでもストレスを解消するつもり。
というか自分からアプローチしないと今後のことについて大学は何にも教えてくれないので。
あわよくば救済措置のようなものが存在してくれれば・・
という、はかない望みもあるのですが。

ちなみに春休みそのものはオリエンテーション後も続き、開講は6日からなので
全体では04月05日まで、累計54日ということになります。
オリエンテーション後の4日間は多分バイト応募の準備期間になるとは思いますが・・・
・・・あああそういえばそっちの絶望もあったんだ・・・。

昨日のWBCが春休みの絶頂だったのかもなぁ・・。
残り4日、このことは全力で忘れて過ごしたいなと思っています。

0

コメントを残す