#1849

短時間睡眠の不発


今日の出来事 文化


北陸はなんかここ2、3日ほど夏かよっていう勢いで暑いです。
明日の最高気温予想は21度・・。
なんか、そろそろ日本にも“春”がなくなってきたような気がしますね・・。
先週まで炬燵を付けていたのに、もう扇風機を考えないといけない気温になるなんて。
夏は夏バテがあるからいやだ・・・飲み物代も嵩張るし。

そんな夏の入りのような春、前期開講以来最初の連休の初日は1時就寝6時半起床。
一度5時半にも起きたのですが、いくらなんでも睡眠時間が浅いということでパス。
6時半にもう一度起きてしまったので
今度は春帰省前の時のように目覚まし代わりに音楽を聴くことで目を覚まし
さて貴重な休日を思いっきり過ごしますかと起床直後から色々と作業していたのですが、
何やら8時半を過ぎると、眠気と、それとは別のダルさか何かが身体を襲ってきて
耐えられずにベッドに転がり込み、気絶するように寝た挙句13時起床・・・・。
起きたら今度は物凄い空腹感で頭がもやもやしており、しばらく苦痛は続きました。
起床直後に適当に昼食を済ませて、今日並みの体力を発揮できたのはここから。

なんていうか・・こないだの31時間耐久不眠が何か悪影響を及ぼしたような気がします。
昨日寝る時も、中々眠れない、気が付けば照明を付けてパソコンの前に座っている・・。
で、いい加減寝ようと思っても物思いに耽っている・・・
いつの間にか寝ていたと思ったら夢を見ていて、
これは夢かと思った辺りでいつも目が覚めて、そして外はまだ夜が明けたばかりで
なんだか疲れが取れた気がしないという。
このまま森鴎外みたいにショートスリーパーになってしまえばそれはそれでいいのですが
今のところ自分はこれのせいで体力を回復し切れていない現状があるようです。
今日に限っては、13時起床後昼食を食べたら相当スッキリしましたけどね。
ああいう感覚を夜明けに体感した休日は充実になる公算が高いものですが・・。
ちなみに調べてみるとショートスリーパーに重要な要素は“少食”らしい。
実家帰省中に暴走睡眠しがちな理由はこれか・・・。

13時半以降は、久々にやることをできた感触です。17時半までぶっ通しで作業していたので。
やっていたことは、3日前の新曲投入準備中に思い付いた新作動画の制作。
とはいっても、今回は去年2回投稿したメドレーの続編でもなく、
ピクミンなどのゲームプレイ動画の新作でもなく、
両方に期待している人(いないと思うけど)を見事に裏切って、15ヶ月ぶりのMADです。
久々の曲追加の勢いでの制作。今のところ、結構楽しんで作っています。
映像編集の練習という名目で、今月の残りの休日はこれで時間を過ごすつもり。
しかし、こうやって目の前にやりたいことがあると確かに睡眠時間って邪魔だよなぁ・・。
今までは徹夜という形で、睡眠時間を囲っておいて
一方で連続的な自由時間を確保することで作業の効率を上げていた、
ということになりますが、確かに徹夜終盤の朦朧状態を考えると
短時間睡眠を身につけた方が1日を多く感じることができるかも。
まぁ、徹夜の朦朧状態にやる暇潰しっていうのは結構楽しいんですけどね。
朦朧としてなかったら何か作業やれと自分で自分を急かしてしまうものですが、
眠たいと流石にそれをする気にもなれないからかな。

0

コメントを残す