#1876

忙しすぎる日々の形成


今日の出来事


3年目にして初めて、学食の日替わり定食と言うものを食べてみた。520円。
流石に200円以上高いだけに麺類と比べるとはるかに量が充実しているし質もそれなり。
コンビニやスーパーの弁当には勝っているけれど実家の晩御飯には敵わないかな程度です。
サラダや白米の量がやたら多い割におかずが微妙だったのはどういうことなんだろう…。
まぁ、これから毎日これにしようとは思いませんでした。
あと160円安ければ多くの学生がもうちょっと健康でいられるんだろうけどなぁ…。

23時就寝07時55分起床の今日は他にも2つほど出来事がありました。
ひとつ目は、今更ながら資格を取っておこうという事で、
初めてそれについて2時間以上行動したこと。
今までは、取っておかないとなぁ、と思いつつ参考書をめくる程度でしたが、
今日はそこについている練習問題なんかにも手を出してみました。
就活に大きく貢献できるようなものでもないとは思っていますが、
とりあえず無いよりはマシだよね的な考えで漢検準2級(高2~高卒程度)と
パソコン検定3級(社会人2年目以上程度)を取ってみたいなと考え中。
練習問題は、漢検の方は漢字の読みを、P検の方はカテゴリ別練習問題をやってみたのですが
両方とも正解率は80%台後半でした。
漢検は、前から受けておくべきかなとは思っていたところに
親に薦められたというのがきっかけだったりするのですが、正直自信は無く
玉砕覚悟と言ったところです。というか本当は2級以上を受けるべきなんでしょうが。
P検は、漢検が玉砕した時のためのクッションみたいなもののつもり。
もしもどっちも落ちたらと思うと…いやそうならないように勉強するはずなのですが。
というか就職活動準備を進める傍ら講義も出てバイトも探して
趣味も充実させてさらに資格の勉強って、そろそろ本格的に時間が足りない気がする…。
だから去年取っておけとあれほど…。
というか学内が試験会場の場合、漢検の申込期間は既に過ぎてしまっているんですよね。
一般会場を調べてみたら、公式サイトには金沢市内としか書いてないし…。
こうなるんなら早めに決心しておくべきだったか…。

資格ももちろん重要で、それをさておくというのもアレなのですが
実際のところ、この一週間は別の方面で走らなければならなさそうです。もうひとつの話、
…早い方じゃないかとは思っていましたが、来週ゼミで発表することになってしまいました。
一万字レポートの月曜ゼミでもなく、ゼミらしいゼミの火曜ゼミでもなく
前回作品を取り上げてブログで紹介した記憶のある最もゼミらしくない金曜ゼミで、
まさか初のゼミ発表をするとは思いませんでした。
しかも講義の最後の最後に指名されて「あとよろしく」で終わりだからもうね…。

とかく大学の教授は具体的な説明を抜かすから困る。
5人が指名されて、自分を除く3人は3人の分担による指定作品の現代語訳で
自分ともう一人があるものについての紹介をしろという指示を受けたのですが、
説明をしてねとそれだけであとは一切なし。好き勝手していいんですか…。
向こうから細かいことの一切を教えてくれないのが大学、
自分で聞きに行くのがこれからの社会では当たり前だ、と言いたいのでしょうが、
3人の方には分担を指示しておいて、自分たちには何も言わないとなると
今日発表分の人達にように各自でやるのか、
それとも今日発表分の課題とは違ってものの紹介だから2人で分担するべきなのか、
…というのを講義が終わった後自分で聞かなかった自分が悪いんでしょうね、きっと。
とりあえず明日起きたらメールで聞くか…。

ところでさきほど、母から着信があってビビりました。
母との連絡は今までずっとメールで、
電話でしゃべるのは帰省の時の待ち合わせぐらいだったので、
何か実家で緊急的な事が起きてしまっているんじゃないかとびくびくしています。
着信の時は夕食準備中で、応答できないことはなかったのですが
実際その不安で取ることはできませんでした。
なんていうか自分電話恐怖症なのかも。
ある意味、高校時代突入と同時に携帯を手に入れていたら
今とは違う自分が形成されていた可能性がなくもないかもなぁ…。
まぁ、この程度でビクついていてこれからどうするんだという話ですが。

母には一応「間違い電話?」と間接的(?)にメールでアクションを起こしてみたものの
その返事すら未だにこないということは、やっぱり何かあったのか、
あるいは本当に間違い電話だったのか…。
これとゼミ発表のおかげで明日から休みだというのにさっぱり解放感がありません。

0

忙しすぎる日々の形成” へのコメントが 1 点あります

コメントを残す