#1919

ゼミを走り抜ける仲間


今日の出来事


昨日は結局あの後05時に寝ました。
01時~04時までのおよそ3時間を費やして漢検の勉強をしていたのですが、
例によって問題を解いていくのに伴って何とも言い難いストレスが止まらない。
自虐的な気持ちが原因だと言うのは分かっていたので、
7回目の模擬試験を始める前にこないだ買った本を読んだりして30分だけ心境整理をしたら、
思いこみだとは思うのですがそれ以後の勉強はかなり気持ちが楽でした。
まぁ、劇的に点数が良くなったというわけではないのですが。

就寝後は8時10分起床。19分で朝の支度を済ませてなんとかバスには間に合いました。
1限は出席したものの授業はスルーして、
今まで消化してきた漢検の模試の不正解部分を抜き出して
正解を暗記するためのテンプレシートのようなものを作る作業。
2限の空いている時間でそれを使って2時間ほどまた勉強していました。
3限は声の大きい教授なので断念しましたが、
ここにきてようやく一歩踏み込んで勉強できた気がします。

それはさておき、4限の時間帯はまたもや月曜ゼミのグループ発表の打ち合わせ。
先週と同じ場所で、同じような話し合いをしていたのですが
どういうわけかこの学内カフェ的な場所に何故か置いてある42型くらいのテレビから
大音量で番組が流れているものだからまるで集中できない。
やることは単調作業だったので、大きな支障になったわけでもないのですが、
それにしても大きなテレビでした。持って帰って実家に送りたいくらい。
話し合いもなあなあに済ませて、あとは最終仕上げとして
発表当日朝までに各自で今日作った資料を元に発表原稿を作ってくるということで、
この時間に作っていた資料をコピーしにカフェを出ました。

大学内にはコピー機が点在していて、
カフェのすぐ近くにもコピー機があったのでそこで資料をコピー。
自分の分もコピー代を立てかえてくれたので、資料を受け取る代わりに
代金と払おうと金額を確認すると、
「いいっていいって、10円や20円くらいだし。
 その代わりさ、メアド教えてよメアド。何かあったら連絡してほしいし」

なん…だと…?
赤外線通信ってどうやるんだっけおい。
と思っていた割にはすんなり言って、ゼミのグループの2人とアドレスを交換しました。

その直後解散。例によってバスの時間が近かったのでバス停へ向かうのですが……
何なんだろうこの気持ち。事務的な上に来週までの一時的な付き合いだと知っているのに、
たかがメアド交換だけだというのに、

ニヤニヤが止まらないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

っていうね。
おいお前気持ち悪いよ。顔を隠せよ。駄目だ携帯取りだしたら笑ってしまう。
なんなんだよ本当に。自分でも分からないよ。いつもの自虐心はどうしたんだおい。

バスの中でも平常を装うのに苦労しました。
まぁなんていうか、友達ができるのが当然だと思っていたあの頃から2年以上が経過して、
初めてクラスメイトと交流して、
高校卒と同時に携帯を手にした自分にとっては実質初のメアド交換なんかをして、
そんなゼミ発表対策の交流を通じて……3年生にして始めて
”というものを実感した気がします。
ゼミ生同士は教授の提案でメールアドレスを交換させるゼミもあるそうなので、
決して珍しいケースではないとは思うのですが、
でもそういう逃げの気持ちが必要ないと思うくらい、今は純粋な気持ちになっています。

月曜ゼミは教授の性格と自分のミスのために随分と不快感を味わってきましたが、
ここでどうやら見返りが芽生えてきたようです。
この流れを掴んで6月下旬からは不遇なことなく過ごせたら文句なしなんだけどなぁ。
その前に漢検という現実からは逃れられないのですが。

にしても、なんだか久々に日記を書いた気がします。

0

ゼミを走り抜ける仲間” へのコメントが 2 点あります

コメントを残す