#2537

二兎を追わずに追われる


web制作 今日の出来事


冗談抜きで丸一日からぶって終わりで済ませられない状況にもかかわらず、
それを実行してしまっているここ最近。
……冬休み直後に卒論締め切りに追われていた頃が懐かしいです。

今日は、そんな貴重な時間の浪費を繰り返す日々の中でも
第一級に自堕落な一日でした。
まず、昨日分のブログを書き終わったのが01時台、
その後半時間かけて作業用プレイリストを整理、その後夜食。
そして月間計画と週間計画、特にやる事てんこもりなテスト前三日間の予定について
まるで状況を把握できていなかった部分を文章にして整理。
ここまではよかったのですが、その後、とある書類を書くという段階に入ると
まさに卒論執筆前が懐かしい、
第二の卒論に立ち向かっているような気分になりました。
志望動機を書くのがこんなに難しいとはなぁ……。

夜明け後も一字すら書けず、数時間ほど煩悶した末、
08時を過ぎると今度は気分が悪くなり、書類を書くどころか
PCの前に座る事すらせず、延々と寝っ転がっていました。
そして昼食も取らず、14時過ぎにそのまま本睡眠に突入。
去年と一昨年に何度かあった病人生活体験の2011年度版といったところか……。
睡眠時間だけ見ても14時就寝22時起床と昼夜逆転脱出失敗に終わった今日ですが、
ベッドに倒れていた時間は08時から23時半と、実に15時間超。
なんていうか、ここまで来ると寝っ転がっている以外の一切を
徹底的にしたくなくなってしまうんですよね。病人体験というよりは
もう自分は立派な病人なんじゃないかと思う今日この頃です。

書類の締め切りは実質02月04日午後。
そして、留年か否かの最後の鍵になる後期テストも同日で、
02月03日午前02時現在、そのすべてに手付かずという現実……。
最悪、書類の方は休み明けでも間に合う可能性はあるのですが、
間に合わない可能性も少なからずあり、
とにかく執筆時点での今日が勝負という事になりそうです。
テストの方も、大学入学以来のテスト勉強などというものは
せいぜいテスト前90分に集中してやれば“可”はもらえていたので
前日の今現在、これだけ見ればそれほど危機的状況ではないのですが、
何しろこれを落としたら卒論をやってきたのも水の泡、
その他いろんなものが破綻して、極端な話人生が狂ってしまう可能性もあるので、
流石にここは気が抜けないというのが現実です。
3年前に同じような勉強方法で落とした必修科目でもあることだし、
本当ならもう今からでも勉強するべきなんでしょうが、
かといってこればかりやっているわけにもいかず……。
今、文字通り“二兎を追う者は一兎をも得ず”を体験しているような気がします。
とりあえず二兎を追わなければいいんじゃないかとは思うものの、
昨日は一兎すら追う事に失敗しているだけに、
それ以前の問題をまずなんとかしないと……。特に生活リズム。
なんだか一昨年以来、テスト期間になると
決まって生活リズムが壊れているような気がします。
今回も、このまま行けばテスト当日に激眠いという状況は免れないので
最悪でも今日はこのまま20時間は起きていたいところなのですが、
さてどうなることやら。

余談ですが、最近ブログの一行の文字数を半角42字から半角40字に変えました。
理由は、メイリオフォントなど大きめの文字で閲覧した時に
42字だと若干だけはみ出した分が強制改行されてしまうから。
まぁ、40字というのも、firefoxでメイリオ13ptに設定した時に
ちょうどいい文字数というだけで、他環境でははみ出てしまうかもしれませんが……。
とりあえず名目上はメイリオ対応みたいな感じです。
本音を言えば、自分が上記の環境に変えて以来42字だと見にくくなったから、
という個人的な事情によるものなんですが。

記憶の限りでは、2008年からずっと半角42字で来ていたと思うので
3年ぶりの書式微改変という事になります。
ちなみに2007年以前は、ブログ執筆にメモ帳ではなく
IEから楽天ブログの日記投稿フォームを開いてそこで直接編集していました。
半角何文字だったかを計算した事はありませんでしたが、
このフォームの横幅ぴったりで改行すると
ちょうど日記本文のページに収まる感じだったので、
多分42~44文字くらいだったんじゃないかなと。
ちなみに2006年以前は改行には無頓着で、定期的に改行しているわりには
一行の文字数がバラバラだったりしています。

この書き方は一般的でないのはもちろん、
携帯機から見た時に結構読みづらかったりして、ベストだとは思っていないのですが、
慣れきってしまって簡単には変えられないというのが正直なところです。
自分としては、そういう書式の癖よりも語彙力の方が深刻だったりするんですけどね。

0

コメントを残す