#2565

明暗分かつ前夜の宿から


今日の出来事


春休み26日目。

今まで、その日のうちに投稿できたとかできなかったとか、
携帯から投稿してみたなんていう事もありましたが、
ホテルから、ひいては実家やアパート以外からのエントリーは
2,500回以上の投稿をひっくるめてもこれが初めてという事になります。

というわけで試験前夜。
試験に備えて、試験会場近くのホテルに泊まることになった今日は、
なんだかんだで口述試験対策としては
いままで一番効率よくできたんじゃないかと思います。
まぁ、一人だったらホテルといえどもおそらくはだらけて終わりだったでしょうが、
偶然にも同じ大学院を受ける友人がいたおかげで、
延々と二人で、自分が取った狭い部屋で面接対策的な事を話し合っていました。

今日は03時半就寝10時半起床。
昨日、試験2日前だというのに実質的な昼夜逆転にまで至ってしまい、
それで完全に歯車が狂ってしまったのか、昨夜もなかなか眠れずに参っていましたが、
さすがに昼寝4時間だけであとは貫徹ともなると一日中起きる気力はなく、
いつの間にか寝ていて、いつの間にか出発寸前の時間になっていました。
昼夜逆転からの無理矢理補正に加えて空腹効果の重複もあって
起床時の時点ですでにくたびれながらの準備を開始。
1泊分の衣服を詰め込んだからか、普通ノートPCを入れるともう限界のバッグは
どうしても必要なものが入らず、バスの時間寸前になってもそれが解決できなかった時は
疲れもあって一瞬ストレスが頂点に達しましたが、
もう不格好承知でビニール袋を別に用意してあふれた荷物を入れる事で無理矢理解決。
去年同時期の合同企業説明会以来の地元バスはぴったりの時間に着き、
友人との待ち合わせ時間に10分遅れてバスは駅に到着しました。

駅で友人と会い、そこから特急で目的の場所へ向かう間は
音楽も聴かずに試験日程の確認やら、口述試験について話していたりしました。
雰囲気はいつものskypeさながらだったわけですが、
思えば音楽を全く聴かなかった電車は何年ぶりになるんだろう……。
2006年の家族旅行以来か、その時はすでにプレイやんを持っていたから
その前年の修学旅行以来? いや、あれは電車ではなかったっけ……。
それはさておき、到着以後はチェックインの時間まで少し間があるという事で
友人と駅周辺を散策する事になったのですが、
実家や下宿先よりもさらに田舎の地方ともあり、見事なまでに何もないという。
一旦、ホテルから徒歩5分程度のコンビニに行って明日の昼食を調達して、
一度自分の部屋に集まって軽く面接練習、というよりも
この時間帯にしていたのは回答の準備作業のようなものだけなのですが、
それをしばらくやっていて、17時過ぎに一旦夕食を食べに外に出ました。
月見うどんとたこ焼きでお腹を満たした後は
それなりに本格的といえば本格的な面接練習。
今まで何もしてこなかった自分としては
まさに最初で最後の勉強時間だったわけですが、それなりに収穫はあったと思います。
無論、想定している質問が明日の本番で何一つでなかったら意味はないわけで、
その場合は絶望しか残らないわけですが……。

友人が自分のホテルに帰った後、シャワーと間食を経て今に至るわけですが、
このブログ執筆の後やろうと思っていた筆記試験対策は
どうやら本格的な事は全くせずに寝てしまいそうです。
なんにせよ、明日は最低でも06時台に起きて準備をして駅前のバス停に行く必要があって、
大学院到着後は割とすぐに筆記試験が始まってしまうんですよね……。
正直、現状ではマズいし、
過去問に真面目に向き合うくらいの事はしたいところなのですが、
現時点でかなり眠い上に、仮にもうすぐ迎える日付変更線までに寝たとしても
睡眠時間は6時間しか確保できないという事を考えると
もうここで寝ないと明日の朝は相当危ういんじゃないかと思っています。
なにせアラームでちゃんと起きられるかに合格がかかってくる事になるわけだし、
最近の自分の朝に対する弱さを考えると十分危険なわけで……。
とりあえず、iPod touchに過去問を転送して
寝っ転がりながら読むくらいの事はしようかと思っています。
明日は少なくとも今後3年の明暗を分ける、ある意味では人生の分岐点……。
そんなプレッシャーのかかる事を自分で書いておきながら
まるで他人事のように思っている自分に、果たして明日はあるのか否か。

それにしても浴衣って物凄く久々に着たけど動きづらくてしょうがない……。

0

コメントを残す