#2737

沈黙の夏


空想


夏休み12日目。

日記で、日常の事なのに普段書いていないような事に言及するときは、
よっぽど話題がないか、よっぽど冴えているかのどちらかだと思っています。
言い換えれば、前者はいつもはしない話をせざるを得ない場合で、
後者はいつもはしない話を進んでしようとしている場合。
書く側として、どちらが筆が進みやすいかといったら断然後者で、
そういう意味では、前者は悪あがきのような気持ちの悪さがあるのですが、
それでも「何時に寝て何時に起きた。今日も非充実だった」
と言うだけで日々平坦に終わるよりは幾分かマシなんじゃないかなと。

充実していたとかしていなかったといった事で自分をはかり始めてから、
果たして心の底から充実していた時があったのかとつくづく思います。
今の自分は、よくよく考えてみれば高校卒業以来何も変わっておらず、
変わったことと言えば音楽を聴くようになった事と、
四年間の債務を背負っただけなんじゃないか、と最近思い始めています。
四年間の遅れに比べれば、たかだか課題や作業への着手が一日や二日遅れるのは
実はそんなに大した事ではないのかもしれない……
などと心のどこかで思っている節もあるのかもしれません。

そんなわけで、祖父母家帰省終了から3日目。順当に日々を消化しています。
実際、ここ二日くらいは深夜帯に自分以外の家族全員が寝て
おおっぴらに作業できる時間が夜明け前後にあったりもしたのですが、
作業用のPCがリビングにあり、早朝にはそのリビングに親が起きてからすぐ来るため、
徹夜している事を知られたくないという昔からの意識故か、
我が家では少なくとも04時頃から夜明けまでの時間は
リビングを消灯する事になっています。
まぁ、これがくだんの“日常のことなのに普段書いていない事”なのですが、
要するに、この二日間ほどは、起きていて、かつ作業できそうな状況なのに
肝心のPCが手元にない環境に身を置かざるをえない状況に陥っていました。
昨日、延長コードを買ってきて寝室にサブPCを置く環境を整えたものの、
結局集中力不足というか、心身不安定というか、
やっぱりサブPCでは長文を書きにくいとかなんとか言い訳しているうちに
今日の朝も何もせずじまいでした。

3日前に立てた、昨今の自分のやる気のなさを一応配慮しつつ、
やるべき事を今月下旬に詰め込んだスケジュールでは、
まず昨日が後日投稿の処理日で、今日がブログ七周年企画の整理、
そして明日から修論ゼミの準備に取りかかるというのが最大限の譲歩だったのですが、
どうやらそれもままならないままに3日目も消化してしまいそうです。
今日は07時就寝09時起床のあと、12時から16時まで長い昼寝をしていたので、
徹夜確定の今夜、今度こそ一歩でも進みたいところではあるのですが、
いろいろと壁になるものは多く、何とも言えない状況です。
修論ゼミの方はいつの間にか残り10日になっていて
絶望感にうちひしがれるばかりですが、一応教授にもらったアドバイスによれば
一週間もあれば準備はできるので、
最悪22日までにブログ関係の作業を終わらせられればと思っています。
まぁ、教授の言う「一週間で出来る」が
自分にとっての一週間にできる作業量よりも多いのは確認するまでもなく明らかなので
そういう意味でも、スケジュールの通り、最悪でも明日には着手したいところです。
退学を考えるきっかけにもなった前回の発表から、
紆余曲折あって今度は失敗したら教授にさらに迷惑をかける状況になっており、
これで玉砕したら少なくともゼミを変える事を考えないといけないような気がします。
今更専攻を変えるだなんて、それこそ無謀な話でもあるんですけどね。

さて、このブログが終わったらリビングはすぐに消灯しないと……。
ルールを盾にした逃げの姿勢と言われて否定はしませんが、
どうもその辺すら打ち崩せない自分が少し歯がゆいです。
まぁでも、実家時代なんかは
暗い寝室でルーズリーフに計画やらなんやらを書いている時が
一番集中できたりもしたんですけどね。
あの感覚が戻ってきてくれさえすればなぁ……。

0

コメントを残す