#2741

夏休み前半の葛藤


ゲームのプレイ日記


夏休み16日目。

「いくらなんでも短すぎないか?」と思っていたら、まだ16日目なんですよね。
これを“まだ”と見るか“もう”と見るかは分かれるところだと思いますが、
明日のゼミ発表の為の一時帰還から、そのまま09月分の発表準備に突入して、
09月の発表の後はゼミ内で改めて中間発表があるから……という感じで、
ゼミの発表準備に下宿先で一週間過ごす必要があるという前提で考えると
少なくとも実家帰省は今日が最終日だった可能性が高いという事になります。
そういう想定をしているにもかかわらず“可能性が高い”とか言っているように、
実感のなさが過去最大級である事はいうまでもなく。
ああ、最後の猶予期間が終わってしまう……などと考える事もなく、
長期休暇中盤によくある、実家での暇つぶしが飽和状態にあって
なおかつ作業できない状況を引き延ばしただけで終わった一日でした。

でも、改めて、これがまだ16日目である事を考えると、
ゼミ発表が来週開けに控えている危機が相当のものである事は疑いようがないものの、
夏休み全体のスパンで言えば、ちょっと長めのお盆休みという程度の、
真っ当に休んでも許される期間として考えてもいいのでは?
と少し思ったりもします。
これを放っておくと同じ日々が20日、30日、あるいは丸二ヶ月と続いたりするわけで、
ある意味夏休みのど真ん中にゼミがあるのはそれを食い止める効果もあるのかなと。
まぁ、あくまですべてが上手くいったらという話なんですけどね。
発表準備に至っては、すべてが上手くいっても
前回のような苦い思い出になる可能性もあり、なんともいえない状況です。
とにかく、この一時帰宅では七周年企画準備の遅れを逆転できるか否か、
という事になりそう。実家ではモンハンとIIDXしかする事はないし、
昨日と今日で大分飽和状態が目に見える状況まで進んできてしまったので、
もし一週間のゼミ発表準備の合間の作業効率がそれなりによかったら
発表準備の続きの如何に問わず、
下宿先に留まって夏休みの後半を過ごすのもありかなと少し考えています。
翻って、これらはすべて上手くいったらという前提を踏まえての話なんですが。
でも、考えてみればこれらはどちらかがコケても今後留まらざるを得ないのかなと。
可能性があるとしたら09月連休の時にもう一度帰ってくるくらいか。

今日は06時就寝13時起床。
15時頃に昨日やろうと思ってやらなかったACポップンをしに行きました。
どうにも、前回の余震で3クレ目を思いとどまった時と同じく不調に終わり、
特攻回数は8曲中3曲と、ちょっと選曲に問題がありそうな今日この頃。
地雷に当たっても★29~30ならなんとかなるだろう、
と思ってレベルカテゴリから選んだりもしたものの、そこでも二度落としてしまい、
★30といえば“アドベンチャー”を真っ先に思い浮かべてついやりたくなってしまい、
そして例の如く最後の一小節でゲージを持っていかれてしまうというパターン。
一応、最高クリアレベルは★34で、こないだは“撫子ロック”(H/★33)もクリアして
それなりに地力は付いてきているのかもな、と思った途端逆ボーダーの連発という。
新筐体がプレイしづらい、というわけでもなく、
あるいはCS IIDXを毎日のようにやっているわけでもないので、
これらがスランプの原因というよりは、今まではほとんど一日1クレだったのが
実家に来てなんだかんだでACポップンから遠ざかっているのが原因かなと。
なによりこっちは遊びが豪華すぎるという欠点があって、
ACポップンが課題の逃げ場として有用な立ち位置にあった向こうの生活とは
ちょっと違うような気がするんですよね。
すでに毎日の生活が課題の逃げ場として成立してしまっているわけだし。

ポップン以外では、モンハンは村長クエストを進めてスタッフロールまで行きました。
といっても、クエスト全制覇というわけではなく、
なんだか突拍子なタイミングでエンディングが流れ始めてびっくり。
これが一つの区切り目なのかすら分かりませんが、
まぁ実家帰省最後の日かもしれない今日、スタッフロールを見れたことは
よくよく思えばよかったのかなとも思います。
向こうでモンハンをソロでプレイする機会はないだろうしなぁ……。

0

コメントを残す