#2827

計画の切れ端比較


備忘録


先日のデスクトップカスタマイズがきっかけで
自分の中でちょっとした話題になっているTo-Do管理問題。
いろいろ考えようにも何かと思考停止気味でまとまらないので、
ブログにまとめながら自分の意見をまとめてみることにします。
まぁ、体裁のいい文字数稼ぎにしか見えないと思いますがご容赦を。

注1・以下、“携帯”という表記は主にAndroidスマートフォンでの使用の事を指します
注2・Rainmeterはver.2.1.0(r959) Windows 32bit版で
   主にEnigmaスキンを使用した時を想定しています

◆Gmail
 ○iOS / ○Android / ○携帯から投稿 / △携帯で確認 / ○ブラウザで確認
 ○PCから投稿 / ○Rainmeterで確認 / ○タグ整理 / △期限等の管理

  GmailをTo-Doリスト(のようなもの)として使う場合、
  ネックになるのは携帯での閲覧とPCからの投稿。ただしPCからの投稿は
  他ソフトを使えば対応可能。でも自分の環境の場合メールソフトを個別に使うのは
  メモリ消費の観点から割に合わない気がします。
  期限管理については、期限が近付いたら通知、というような事はできないものの
  完了した項目をアーカイブに送って、未完了項目を受信ボックスで管理、
  という方法でそれっぽい使い方ができるため、一応候補のひとつです。
  AndroidにGmailの未読メッセージ件名を表示できるウィジェットがあれば……。

◆Googleカレンダー(To-Doリスト)
 △iOS / ○Android / ○携帯から投稿 / △携帯で確認 / ○ブラウザで確認
 ○PCから投稿 / ×Rainmeterで確認 / ×タグ整理 / ○期限等の管理

  Androidでは「ジョルテ」というアプリを使うことで
  To-Doのウィジェット表示もAndroidからの投稿もバッチリ。
  現在最も無難なTo-Do管理サービスかも。唯一の弱点はRainmeter非対応な事。
  ちなみにgoogleカレンダー本体はRainmeterも対応していますが、
  こちらは最大三件までしか表示できないのと、
  To-Doとは別に日頃のスケジュールに使っているので枠が足りないという問題が。

◆Evernote
 ○iOS / ○Android / △携帯から投稿 / ○携帯で確認 / ○ブラウザで確認
 ○PCから投稿 / ×Rainmeterで確認 / ?タグ整理 / △期限等の管理

  「To-Doリスト」というノートを一枚作って箇条書きに書いていき
  クラウドに貯め込んでいく方法。もはやRainmeterスルー前提の使用方法ですが、
  RTMと違って無料で15分間隔の自動同期ができるのが強み。
  毎日リストを眺める習慣が付けばしめたものですが、
  それが定着しなければとことん計画に無頓着になりがちで、
  今のところ定着できた感はないので候補外。
  ……と、ここまで書いて気付いたのですが、Evernoteはメール投稿もできるし
  ノート単位でのタグ管理もできる事を考えると
  ノートひとつ当たり計画ひとつという使い方でTo-Do的な使い方もできなくはない?
  とはいえ、どのみちデスクトップに直接表示できないという短所はあります。
  それをするくらいならGmailを使うべきか……。

◆Dropbox
 ○iOS / ○Android / △携帯から投稿 / △携帯で確認 / ○ブラウザで確認
 ○PCから投稿 / ○Rainmeterで確認 / ×タグ整理 / △期限等の管理

  Enigmaのnotesプラグインが表示するテキストファイルを
  To-Doリストをして使い、かつそのファイルをdropbox内に置いて管理する方法。
  今実際に試してみましたが、Rainmeter対応以外はEvernoteと大差なさそうです。
  むしろ、Androidではファイル単位でのショートカット作成ができない分、
  dropbox起動→暗証番号入力→ファイル参照と3ステップかかるため
  携帯からの閲覧は現実的ではないかも……。
  昨日の時点ではこの方法が一番かと思っていたものの、
  再検討の余地ありのようです。

◆Remember the milk
 △iOS / △Android / ○携帯から投稿 / △携帯で確認 / ○ブラウザで確認
 ○PCから投稿 / ○Rainmeterで確認 / ○タグ整理 / ○期限等の管理

  To-Do管理に特化したサービスなため、期待大……
  と言いたいところですが、昨日も書いたとおりAndroid版の自動同期が
  実質有料なのが最大の弱点。ただし、メール投稿が可能なのと、
  一応携帯版webサイトにアクセスすれば
  PCブラウザと同じ状態のリストが見れる(?)ため、
  まるっきりの候補外というわけでもなく、まだまだ検討中です。
  googleカレンダーとの連携ができるとのことですが、今のところ確認できず。

◆Twitter(Private Account)
 ○iOS / ○Android / ○携帯から投稿 / ○携帯で確認 / ○ブラウザで確認
 ○PCから投稿 / ×Rainmeterで確認 / ○タグ整理 / ×期限等の管理

  大穴。今真っ盛りのwebサービスだけに投稿周りの環境は最強。
  プライベートに設定しておけば外部に漏れる事もなくハッシュタグも使えるし、
  アカウント名で検索を保存しておけばAndroidアプリ「Twicca」から閲覧可能。
  完了/未完了の振り分けもfav機能を使いこなせば案外なんとかなりそうな……。
  ただし、他と違うのはメインアカウントへの誤爆が怖い点。
  また、認証方法の変更のためかRanimeterで表示できないのもネックです。
  とはいえ、大穴と書きましたが、実はdropboxよりも扱いやすいかも?

*  *  *

書きながら思ったのですが、果たしてスマートフォンからいつでも閲覧する事は
本当にそこまで重要なものなのかと。
考えてみれば、外出先で作業する時間、あるいは作業の幅というのは限られていて、
そのほとんどが図書館で授業の課題を処理するといった類のもの。
そんなのはいちいちメール投稿やら何やら書くまでもなく把握している事が大半で、
(にも関わらず常に締め切り寸前まで放置してしまうというのはさておき、)
結局の所、PCに触れている時にいかに怠惰のまま過ごさずに
それを有効活用するための作業時間を確保できるかどうかが重要で、
そういう意味ではRainmeterに表示する事を最優先するべきなのかな、と。
Rainmeterでの表示という点から見れば、項目の表示数では

 dropbox(50項目以上) > Gmail(8項目) > googleカレンダー(3項目) = RTM(3項目)

といった感じで、テキストファイルを直接表示できるnotesプラグインが優勢。
(PCの表示領域が許す限りいくらでも表示するように設定できるため。)
ところが、編集という観点からすると、作業意欲が湧くのは大抵外出中だったりして、
携帯からの閲覧は重視しなくても、携帯からの投稿・編集が重要なのは確か。
そういった意味では今度はエイリアス機能と
Androidの連絡先別ショートカット作成機能を活かせるGmailが優勢となります。
でもGmailは先日も書いた通り、
重要スケジュールや今回の小作業用To-Doリストとは別に
すでに日頃のネタ探しとしての着想メモとして使っているので、
これと表示可能項目数を取り合うとなると、
今度はいかにして棲み分けをするかを考えなくてはならなくなります。
まぁ、ぶっちゃけ着想メモを常にデスクトップに表示する意味はあるのか、
といわれればそれまでなので、
そこから考えればこの問題はすぐに解決できそうな気もするのですが、
それでもPCからの投稿をどうするかという問題が残ってしまいます。
かつて、thunderbirdをサブメーラーとして使って
新規メール作成画面を開くホットキーを登録しておいていつでも投稿できる、
という仕組みを考えたことがありますが、
上に書いたようにthunderbird自体がかなり重く、
そのため今まで定着してこなかったという経緯があります。
代替となる軽いメーラーがあればいいのですが……
そこまで探していると夜が明けてしまいそうなので、
それはまた別の日にでも探してみようかなと。

とりあえず書きながら検討した結果、
Gmailで着想メモと共存するのがよさそうだ、というところにたどり着きました。
何はともあれまずは計画を書いてみない事には始まらないし、
そのせいで今日も結局課題に着手できていないのは
いつも通りの自分といったところですが、
これをきっかけにして計画→行動のプロセスがもっと活発になればなと思います。
今日もしかり、とにかく最近は「今日は何をすればいいんだ?」
で終わってしまいがちなんですよね……。昔からのような気もしますが。

今日は07時半就寝15時起床と、明日授業があるのに見事なぶっ壊れ生活でした。
IIDXの方で動きがあったのですが、今のところ自分には縁のない新要素だったので
新要素に触れられる地点にたどり着いてからいろいろ書こうかと思います。

0

コメントを残す