#2829

二者択一の日々


今日の出来事


21時就寝00時起床。
ここ二ヶ月ほどの長時間睡眠癖に抗うように久々に短時間睡眠で済んだ日でした。
……なんて楽観的に済ませる話でもなく、
今度は短すぎるだろうという話です。なんでこういつも極端なんだろう……。

頭が回らないながらも2限発表の資料をまとめ始めたのは05時頃から。
朝食はわざわざ遠いコンビニへ買いに行って済ませていました。
課題が終わったのは大学へ行くべき時間の50分前でしたが、
残された猶予時間はあっという間に過ぎ、睡眠不足を感じつつも大学へ。
2限の演習は今日、各自素案をまとめて発表の順番を決めるというものだったので
そこまでのプレッシャーがあったわけでもないのですが、
素案自体は他の人と比べて完成度が低いのは否めず、
発表前はまた地獄になりそうです。
とはいえ、発表順は残酷な事に早い者勝ちという事になり、
かろうじて遠い方の順番を取る事ができ、
少なくとも年内はこの演習に関して頭を悩ませるという事はなさそうです。
あとは本当に、修論構想発表さえ突破すれば……。
にしても、早い者勝ちで取り損ねた人がもう翌週発表しなければならない、
というのもなかなか酷というかなんというか……。
自分がトップバッターだったら色んな意味で大学生活が破綻していたと思います。
今も割と破綻しかけている感は否めないんですが。

3限の演習は自分の発表番でもなく、聞いているだけの授業だったものの、
ここいらで物凄い眠気を感じ始め、それに耐えるのに必死になっていた90分でした。
その後、空いた4限で5限ゼミの資料を読む必要があったのですが、
見事に先週と同じように図書館で空き時間の3分の2ほど寝てしまい、
消化不良のまま5限ゼミへ。帰宅後、夕食を済ませた後は
せめてサブブログの投稿を終わらせてから寝よう……
と思いつつもそれをしないままベッドに倒れてしまい、
3時間ほど時間をすっ飛ばしたのかいつの間にか23時半過ぎになっていました。
サブブログ編集時も相当に頭が回っていなかったので
このまま熟睡タイムに突入して夜明け頃に目が覚めるパターンかな、
と思いきや、日付変更線後全く眠れないまま、今夜明けを迎えようとしています。

このところ金曜日がこういうパターンに陥りがちのような気がしますが、
今回もその例外に漏れず、昼間の仮眠のせいで寝るタイミングを逃したみたいです。
今回に至っては夕食後3時間、物凄く集中して眠っていたのもあるので
そのせいでもあるのかなと。
まぁ、それで頭が健康のまま起き続けられるのなら大歓迎なのですが、
さすがに1時間+3時間は中途半端過ぎて充実している感じがしないというか、
まさにここまでの6時間近くを無駄に過ごしてしまっている以上、
半日寝るのとあまり大差ないのかなと思ってしまいます。

問題はこの後、おそらく昼頃に物凄く眠くなるのでしょうが、
その時に5時間とか6時間爆睡してしまうのか、仮眠で済むのかによって
また来週の生活リズムの分岐点になりそうだという事。
もはや今の自分にはどちらが理想的なのかどうかも判断できないです。
何時間睡眠だろうが、意欲的でいられる時間が少なければ
結局一日の充実度というのは変わらないわけで。
もっと言えば、これから構想発表の日までは、
課題を進めたら充実した日、そうじゃなければ非充実の日という
両極端の日々を送っていく事になりそうです。
不本意と言えば不本意だし、そういう考え方自体に疑問を感じないわけではないのですが
如何せん、今の自分には日頃の生活を変えようという
根本になる気力が不足しているように思われて、なんともしがたい状況です。

0

コメントを残す