#2870

印象に残るBEMANI楽曲二十選


ゲームのプレイ日記 その他 音楽


去年がiOSゲームの一年、一昨年がDSiウェアの一年とすれば、
今年は間違いなく音楽ゲームの一年でした。
まさかあのゴールデンウイーク前日、何気ない気持ちで買ったゲームに
ここまでハマる事になるとは……。
というわけで、今年の年末特集は音ゲー音楽のお気に入り曲紹介です。
ただ、単純にランキングにするのは特性上難しいので、
ちょっと選考基準を変えて、音楽ゲームをプレイする上でお世話になった曲、
譜面とセットにして考えたときに印象深い曲をかき集めてみました。
普段から自己満足の色が濃いこのブログの特集も
今回のこれは過去の年末特集の中でもさらに他の人が見る事を考えていない
自己満足尽くしの特集ですが、
ブログの現状があんな状態ということもあるのでその辺はご勘弁。

あくまで、今年から(9年ぶりに)音ゲーを始めたユーザーの視点から考えた、
叩いて楽しい譜面、選曲したくなる曲、その両方を持った曲を集めたリストです。
対象ゲームタイトルは
 『pop’n music 19 TUNE STREET』
 『 19 Lincle』
 『pop’n music portable』(1~2)
の4タイトル。“iTunes★-”はマイライブラリのレートで、
譜面関係なくお気に入りかどうかを5段階で示した数字です。
というわけでPMPの方から。


01◆アドベンチャー 『ポップン大冒険メドレー』 / ポップン探検隊
pop’n music 15 ADVENTURE / N★16 H★30 EX★35 / iTunes★4
  PMPのADVENTURE MODEにて、Lv.20になると解禁できるようになる曲。
  9ボタンに初めて触れた時は練習曲として何度もプレイし、
  Hyper譜面に触れるようになってからは★30の壁として立ちはだかり、
  そしてEX譜面も適正レベルギリギリの総合譜面として
  それぞれかなりお世話になっているうちに、曲自体も好きになってしまいました。

02◆ニエンテ 『neu』 / 少年ラジオ
pop’n music 15 ADVENTURE / N★24 H★36 EX★43 / iTunes★4
  EX譜面はAC最多ノーツを誇る、AC15の“無の世界”に立ちはだかるボス曲。
  PMPでの★36~38はひとつずつが大きな壁でしたが、
  中でもこの曲のHyper譜面は大苦戦させられました。
  挫折した曲が多い中、この曲はなんとか一度だけクリアできたのはいい思い出。

03◆トゥイーポップ『777』 / EeL
pop’n music 8 / N★19 H★30 EX★39 / iTunes★4
  動画サイトでこの曲を見かけて「いつかポップンサントラも集めようかなぁ」
  などと思っていたのも、もう3年余り前の話。
  この曲がPMPに入っていると知った時はかなり喜んだものでした。
  ただ、譜面自体はHyper譜面はリズムの取りにくい厄介譜面で、
  EX譜面は最高レベルをひとつ上回るため手が出せずじまい。

04◆ルイン『空言の海』 / 音々
ee’MALL / N★16 H★25 / iTunes★4
  かつてポップンの新曲を有料解禁するために
  「ee’MALL」というものがあったそうで、そこに入っていた曲です。
  譜面もパーフェクト圏内で同時押しメインという押しやすい譜面のため、
  曲自体が好きな事もあって高難度譜面に疲れた時にちょくちょくやっていました。
  EX譜面がやりたいと何度思ったことか。

05◆フロンティア『探検ノート』 / PON Feat.ふじのマナミ
pop’n music 19 TUNE STREET / N★16 H★32 EX★38 / iTunes★3
  ACデビューしてすぐに出会い、以後半年間定期的に遊んでいた
  ポップン19の隠し曲解禁イベントモード“タウンモード”にて1曲目に登場する曲。
  未だに★32はできるかどうか自信がない、と考えてしまう領域ですが、
  この曲だけはフルコンボも射程距離に入っていたりします。

06◆おしゃまスウィング『なまいきプリンセス』 / Dormir
pop’n music 19 TUNE STREET / N★20 / H★31 EX★40 / iTunes★4
  Dormirのボーカル、くりむさんの声はいろんな意味で毒があると思うのですが、
  これはキャラクターや歌詞なんかにもそれがよく合わさっていて、
  ちょうどHyper譜面も適正範囲内という事でかなり遊んだ曲でした。
  ただ、いわゆるハネリズムのためか、最近は妙な癖が付いてしまって
  特に最後の方でBadを連発しがちです。

07◆アニマルミニマル『The Zoo Zone』 / Mystic Moon
pop’n music 19 TUNE STREET / N★23 H★35 EX★40 / iTunes★4
  結局最後の最後までできなかった、★35の挑戦曲。
  曲調がかなり好きなため、なんとしてもHyper譜面をクリアしようと考えるものの、
  結局終盤でゲージを残すことができずにAC20稼働日を迎えてしまいました。

08◆キューティーエレポップ『Blow Me Up』 / Sota Fujimori Feat.Calin
pop’n music 19 TUNE STREET / N★15 H★31 EX★38 / iTunes★4
  AC15の“ガラージハウス”がかなりお気に入りで、
  それ以後リリースされ続けているポップン向けのSota Fujimoriさんの曲を
  ある時順番にプレイしていったらこの曲と出会って、
  その叩きやすくてほどよく難しい譜面にかなり病み付きになりました。
  ただ、コンボは切れにくい反面スコアが妙に伸びにくかったりして
  プレイ回数トップなのにスコアはかなり低かったりします。

09◆ゴアトランス『IMPLANTATION』 / TOMOSUKE
pop’n music (ee’Mall) / N★25 H★36 EX★40
  現在最高クリアレベルはこの曲のHyper譜面である★36。
  PMPで知った★36の曲はことごとく手が出ず、これは当分無理かなと思いつつ、
  全く前情報の無かったこの曲を選曲してみたらあっさりできたという。
  最後の方が叩きにくいためか今はクリア不安定の状態で、
  早く安定してクリアできるようになりたいところです。

10◆トイコンテンポラリー『シュレーディンガーの猫』 / Cait Sith
pop’n music 16 Party♪ / N★26 H★39 EX★43 / iTunes★4
  最高難易度★43の中でもほとんど頂点に位置するポップンのラスボス的存在。
  この曲の存在を知って、その曲調やらなんやらがかなり好みに合っていた事は
  少なからず自分が音ゲーを続ける事に貢献したんじゃないかと思います。
  今のところ、高難度譜面はロマンがあるよね、という程度の存在ですが、
  いつかHyper譜面くらいはクリアしたいなぁと思う今日この頃です。

11◆スケールアウト『BabeL ~Next Story~』 / Power of Nature
pop’n music 19 TUNE STREET / N★30 H★40 EX★43 / iTunes★4
  AC19の実質的なボス曲。この曲の存在があったからこそ
  タウンモードを最後までできたんじゃないかなと。
  ただ、これも高難度過ぎる為ロマンを感じる事くらいしかできないのが悔しいです。
  トイコンテンポラリーは「ポップンのラスボス」という感じの音楽なのに対して、
  スケールアウトは「ゲームのラスボス」というイメージが。

12◆トワイライトチャイム『BabeL ~roof garden~』 / Capital Wage Association
pop’n music 19 TUNE STREET / N★18 H★26 EX★32 / iTunes★4
  塔の屋上に控える、AC19のエンディングで、
  遊び疲れた少年時代の夕暮れを思い起こされるような超ゆっくりな良曲。
  そのBPMの遅さにハイスピード調整ができない事の恐ろしさを味わわされ、
  結局EX譜面(AC19時点では★28)はクリアできずに今に至ります。

13◆TECH-TRONIKA 『beatonic nation』 / Sota fujimori
beatmania IIDX 15 DJ TROOPERS / SPN☆5 SPH☆8 SPA☆9 / iTunes★5
  ここからはIIDXの番。
  IIDX19稼働寸前に☆8初クリアとなったのがこの曲でした。
  SPHは序盤が難しいものの、そこを抜けると後は単純な同時押し譜面になる構成。
  今はちょっとずつ序盤もできるようになりつつあり、
  もうちょっと頑張ればHardゲージでもクリアできそう。

14◆BROKEN SAMBA BREAK『灼熱Beach Side Bunny』 / DJ MASS MAD Izm*
beatmania IIDX 18 Resort Anthem / SPN☆7 SPH☆10 SPA☆12 / iTunes★4
  AC18のワンモアエキストラ専用曲にしてスクラッチ枚数最多の曲。
  AC19稼働日には今度は八段課題曲として再びしょっちゅう聞いていました。
  個人的にも、今年夏から秋にかけてハマりまくった曲で、
  この曲のおかげで少しスクラッチに対する苦手意識が和らいだ気がします。

15◆ELECTRO POP『MIRU key way』 / JaccaPoP
beatmania IIDX 17 SIRIUS / SPN☆4 SPH☆6 SPA☆9 / iTunes★4
  この20曲の中では唯一の版権曲。
  ポップンの版権曲は最後まで食わず嫌いを通しましたが、
  IIDXの方はオリジナル曲に負けず劣らずの良曲揃いで
  版権である事を意識しないでよくプレイしたりします。

16◆TECHNO『Almace』 / Qrispy Joybox
beatmania IIDX 19 Lincle / SPN☆4 SPH☆8 SPA☆10
  チャージノートとバックスピンスクラッチはずっと敬遠し続けてきましたが、
  ある時この曲をやってみた時から一気に印象が好転。
  かなり好きな曲調の上にSPH譜面最後の同時押し乱打は楽しくて叩きやすい譜面で、
  未だにExtra召喚用兼スコア伸ばしのために
  他の曲を差し置いてこの曲ばかりを3曲目に選んでいます。
  いつの間にか02月29日に発売日が決まっていたサントラが今から楽しみ。

17◆TECHNO『Aegis』 / IT medalion
beatmania IIDX 17 SIRIUS / SPN☆6 SPH☆8 SPA☆11 / iTunes★3
  上のAlmaceと同じコンポーザーによるテクノ。
  それを知ってから急にiTunesでも聴くようになり、SPH譜面を遊ぶ用になりました。
  いわば先入観効果とでもいうべきか。
  ただ、SPHは逆階段やらスクラッチ+同時押しやらでHardクリアは安定しておらず
  Extra進出用として気軽に選ぶにはもう少し時間がかかりそう。

18◆DREAM TECHNO『ASTRAL VOYAGE』 / EeL
beatmania IIDX 10th Style / SPN☆5 SPH☆6 SPA☆9 / iTunes★4
  トゥイーポップと同じTOMOSUKEさんとEeLさんによる2000年代初頭の曲。
  音ゲーブームが来る前の今年初頭からじわじわとハマっていて、
  そこにこの音ゲーブームが重なってこの曲を聴きまくった一年でした。
  ただ、譜面はSPHだと簡単すぎてSPAだと難しすぎるため選曲数は少なめ。
  ☆9に手を付けるようになったらまずこれをクリアしたいところ。

19◆HAPPY HARDCORE『bloomin’ feeling』 / Ryu☆
beatmania IIDX 17 SIRIUS / SPN☆5 SPH☆8 SPA☆11 / iTunes★2
  譜面が好き、曲が好きという理由ではないですが、
  六段ボスの曲としてかなり印象深いこの曲。
  執筆時点では最後に挑戦する機会が全くないわけではないのですが、
  どうやら万全の状態での挑戦は来年に持ち越しという事になりそうです。
  来年も同じような事をするなら『THE SAFARI』を挙げる事になるのかなぁ……。

20◆スペースポップ『μ9』 / PAXA
pop’n music portable 2 / N★18 H★33 EX★41
  最後にPMP2の新曲を一曲だけ。
  PMPの方はACと違って適正レベルがもう少し上の方にあるため、
  ★33のこの曲はかなり楽しんでプレイすることができました。
  もしもAC20でこの曲ができるようになったら
  なんとかHyper譜面クリアを目指して頑張りたいところ。
  この曲調にハマって宇宙系の曲を探したのも記憶に新しい事ですが、
  今年はそんな感じで音ゲーブームが
  音楽趣味に大きな影響を与えた一年でもあったんじゃないかなと。


ちなみにpop’n music 20 fantasiaも10回ほどプレイしているのですが、
選曲回数がまだ多くて2回なので省略しました。
まだまだやり尽くした感じのしないBEMANIシリーズ、
来年も今年と同じようにブームが続くかどうかは怪しいところではありますが、
クリアしたい目標にはまだまだたどり着いていないので
来年も引き続き腕を磨いていきたいなぁとうつろに考えています。

0

コメントを残す