#2884

冬を見据えなかった選択


今日の出来事


今の自分のアパートは、本屋やらゲーセンやら家電量販店やらが沢山ある
市内でもそれなりに栄えている場所と大学の、ちょうど中間くらいの位置にあります。
大学までは徒歩25~30分で自転車だと15分。
反対方向にはイオンがあって、これも距離的にはおおよそ同じといったところ。
まぁ、イオン自体には滅多に行かないんですが。

去年03月の自分は、多忙故にさまざまな失敗を犯してきたわけですが、
その中でも入居場所の選択だけは、かなり大きなものだったかもしれないと
今更ながら思います。
自分がこのアパートに決めた決定打は、大学へもそこそこ近く買い物にも困らず、
しかもそれなりに安い。風呂トイレが別々なのも、
前回ユニットバスだった自分としては、それでなお前回よりも安いというのは
なかなかお得に見えたんですよね。
その代わり大通りの正面にあるのがネックで、実際に選挙の時だとか、
不用品回収車が来た時はヘッドホンが必須になったり、
ゴミ出しに行くだけでも人目に触れる通りに出ないといけないのが嫌だったりと
それなりにデメリットも見つかったわけですが……
そんなのは今にしてみれば大した問題でもないわけで。

車所持率の高い大学では、大学周辺の
文字通り何もない田舎エリアに住んでいる人が大半で、
遊びに行きたければ車を出し、普段の買い物はコンビニと学内の売店で済まし、
朝昼夜を学食に依存するという生活をしているんだとか。
それだけ考えれば、地獄のようなアパート暮らしなんじゃないかとも思うわけですが、
その代わりに得られる「大学にすぐ行ける」というメリットは
こうして考えると絶大なものなんだなと改めて思います。
何が言いたいのかというと、
毎日片道徒歩50分の雪道通学が想像を絶するほどキツいという話。
せいぜい、凍った道を滑らないように歩くだけかと思いきや、
昨日今日に至ってはほとんど誰も歩いていないような積雪50cmほどもある歩道を
一歩一歩歩かなくてはいけない上に、
年末にうんざりさせられた暴風雨は暴風雪へと変わって
もはや修行の領域にしか考えられなくなっています。
普通の徒歩30分なら、いろんな事を空想できる散歩タイムと考えることもできるので
音楽を聴きながらなら何の苦痛でもないはずなのですが、
ここまで来るとそんな余裕はまったくなく、
これが今後続くと思うとうんざりします。

大学周辺に住むという事は、生活の中で勉強というものを最優先に置く意思があり、
それはつまりそれ以外の事をすべて切り捨てる覚悟がないといけないんだ、
だから自分には到底できない……などと勝手に考えていたりした時期もありますが、
何のことはない、みんなは本屋ゲーセンその他の利便性がないよりも
この雪道通学を回避する方が大事である事を知っていたから
大学周辺に住んでいただけなんでしょうね……。
突き詰めて考えれば、この辺は前情報をその個人がいかに信用するかの問題で、
「ここは雪が凄いらしいよ」という情報を信用できなかった自分が、
今回のこの問題ではちょっと浅はかだったと言わざるを得ません。
まぁ、その代わりに去年は音ゲーという趣味と出会う事ができたわけだし、
そもそも不動産が提示した入居候補の中で
今のアパートが大学に最も近かったような記憶もあるので、
不動産に電話した時からこうなる事が決まっていたのかなとも思います。

今日は本来中間休日に位置する水曜日だったはずなのですが、
院生室内で自分が担当になっている役職で、
9ヶ月目にして遂に初仕事が回ってきてしまい、
その為だけに地獄の雪道往復をする事に。
もう言うまでもなく体力を消費しまくってヤバい状態です。
しかも明日、明後日、それ以降と地獄はまだ続くわけで……。
携帯の歩数計によれば今日歩いた歩数は13,601歩。
もはやふともも辺りがパンパンに張ってしまっていて、
翌朝の執筆時点でも未だに両足に違和感があります。
さて、自分は無事にこの冬を抜けられるのか否か……。

0

コメントを残す