#2925

過剰長文による弊害


web制作


01時半就寝12時起床。

昨日の飲み会でいろんな均衡が一気に崩れ去っていきました。
まず、4日前にも話題にしたブログ文字数がここ最近急上昇しつつあるという話ですが、
前日分はついに10,000文字という楽天ブログの上限を飛び越え、
14,000文字ちょいという字数に。
当初、一次会のところまではなんだかんだで非充実の塊みたいなものだったんだから
そこを4,000字分削ってなんとか10,000字に収めようとも思ったのですが、
バックアップを取ってから添削作業をしてみたところ
最初の2,000字まではすんなりいっても、
その先がザルを掬うような作業になりそうだったので観念して前後編に分けました。

いつぞやの文字数ランキングでは、前後編に分けた記事を分割記事として
連載記事とは分けて分類していたと思いますが、
ざっと検索してみると、前回の分割記事は大学院入試の日、
2011年03月03日(#2566-2567)『大学生の勝負』で12,503文字。
そこから遡ると、あとはほとんど大きな催し物のあった日と
実家帰省・祖父母家帰省、発売前情報などのミニ特集が大半を占めていて、
今日のようななんでもない日に分割記事を書いたのは、
2005年01月28日に特に意味もなく前後編と書きたくて書いた
(#150-151,1041)『ある日の学校生活』以来7年ぶりといっても
過言ではないかもしれません。
まぁ、飲み会があったし、本当に“なんでもなかった”わけではないし、
だからこそ今回分割記事になったんでしょうけどね。

と、昔のことを引っ張り出してぐだぐだと書く意味はほぼないのですが、
強いて言えば、今日の出来事という括りでブログを書くときに
“何でもない一日”“日常の中では比較的書く事が多い一日”“イベントのあった一日”
という三段階に分けられるとしたら、
2004~2007年頃は1,000~2,000字、4,000~5,000字、6,000~7,000字だったのが
2008~2011年にはそれぞれ2,000字ほど多くなって、
ここ最近に至ってはさらに
2,000字ほど加えたくらいの傾向になっている気がするなぁ、という話です。
体感としては、昨日のあれは“比較的書くことが多い一日”として書いたつもりで、
7,000字くらいかなと思って書いていたのですが、実際には倍だったという。
でもどこを削れるというわけでもないしなぁ、などと考えたりしていました。
長文癖というのは果たして長所なのか短所なのか……。
どちらかというと短所のような気がするのですが、
今まで「多い=充実度の証明」としてかたくなに長所と信じてやってきたのも事実。
さすがに日常的に10,000文字を超えるのはいけないと考えて
文章の凝縮に力を入れるべきか、
ひらきなおって“書くことが沢山ある日は分割記事が当たり前”
くらいの意気込みで書いていくべきかは少し迷うところです。

ただ、明らかに言えるデメリットは
あまりに長文だと執筆に時間がかかりすぎるという点。
この日も、結局大きな休憩を挟んで日中はずっと書き続け、
気が付けば当日分を書く前に日付が変わってしまっていました。
日付変更後は、眠れそうで眠れない状況に苛まれ続け、
結局のところ、この日は昨日の飲み会の反動で緊張が抜けたのか、
一気に自堕落に落ちてしまった一日でした。
まぁ、昨日は普通の半分程度の睡眠時間だというのに普段飲まない酒を飲んで、
酔わなかったのを言い訳に二次会にまで参加して
日付が変わってから帰るというような非日常的な一日だったので、
その翌日、しかも修論以外課題もない休日に
思う存分寝てしまうのは、今までの自分からしてみれば
ほとんど不可避だったとは思いますけどね。
どんな言い訳をしても短い一日だったことには変わらず、
そしてこれが約三週間ぶりの後日投稿の
きっかけになってしまったという事実もスルーすることはできず、
ひとまずはこの綻びが広がってしまうことを恐れるばかりです。

0

コメントを残す