#3047

学生生活の暴風域


今日の出来事 自分


例の生活リズム崩壊とやる気の問題に関する相談の4回目がありました。
前日15時から不眠を貫いたまま2限の講義に出て、
空腹も極限状態にさしかかってきた12時、
まさに現在進行形で生活リズムが壊れている最中での相談だったので
ほとんど自分でも考えながら喋ることができず、
今月に入って趣味なら頑張れる傾向にある……というような話から、
なんだかブログ運営趣味を吐露するような時間に終始してしまいました。

初回は「じゃあこれから睡眠記録を取ってみよう」というだけで終わり、
二回目は「じゃあこれから早朝サイクリングをしてみよう」というだけで終わり、
三回目は「じゃあこれから光治療をやってみよう」というだけで終わり、
……などというとあたかも相談結果が不満のように聞こえるかも知れませんが、
こうして振り返ってみると、ちゃんと具体的な解決策は提示されているし、
文句は言えない立場にあると思います。
が、正直言って一ヶ月かけて、結局修論がさらに遠い存在になったというだけで
生活リズム自体に改善は見られないような気がするというのが本音。
やる気という面では、趣味さえもどん底であった先月末よりは改善したものの、
早朝サイクリング以下実践的な改善方法による結果とも言い難いし……。
というか、実際光治療はちゃんと実践したのは最初の二日間に留まり、
ここ五日間ほどは学会懇親会をきっかけに積極的に徹夜するようになって、
むしろ相談前の状態に逆行するような兆しさえありました。

そんなことを赤裸々に担当の先生に話すと、
生活リズム改善については、少なくとも今までやってきた事の繰り返しでは改善しないし
あまり眠気に抵抗して無理矢理改善しようとするのもよくないという事で、
25時間型の生活リズムを適度に受け入れる方針で行く事になりました……が、
執筆現在、それをちゃんと実践できているかと言われると微妙。
むしろ、一日中眠いという状況に向かって順調に落ちてきているような……。

あとは、自分をこの生活リズムへと貶めた原因がいろいろあるだろうという事で
修論やら大学時代以前の生活やら、いろいろと話しました。
特に修論については、04月以来“独り言”にまとめようとしばしば考えている
一番興味のある分野を他人から見せまいとする悪癖について話すと、
遠回しに、大学院の生活がつまらないと感じているとしたら
原因はその癖や選んだ専攻分野にあるみたいな事を言われました。
これは自分が前々からそう思っていたことで、勝手な解釈かもしれませんが、
少なくとも「好きな分野を研究してつまらないという事は普通ないよ」
みたいな事を言われました。
確かにその通りだと思うし、専攻を間違えたかもしれない、
などという悩みは大学時代前期からすでにあった事なわけで。
それに目をつぶり続けて自主性を隠してきたという事が、
結局現在の諸々の問題として自分に返ってきたのかなぁと、改めて思いました。
ただ、じゃあその事実が分かったからといって、
簡単になんとかできるという話ではないし、
むしろ教授に「今の研究分野はつまらないです」
という事を一度は言わないといけない事を考えると憂鬱にもなりました。
つくづく、今の自分はどこへ向かっているんだろうと思います。

後半の時間は、本意か不本意か自分でも分かりませんでしたが、
延々とこのブログをずっとやってきた事による収穫みたいなものを話していました。
これは担当医に趣味はブログだと言ってあるからなんですが、
実際に自分史を振り返った時、ブログはゲーム趣味をきっかけとする末端でしかなく、
また今はゲーム趣味が(一人暮らし中に限り)第一線から退いた代わりに
音楽趣味が台頭しているので、第一の趣味がブログ、というわけではないのですが、
この辺を話したがらないのも、上述の悪癖の産物なのかなと……。
凄く前向きに解釈すれば、TPOをわきまえていると言えなくもないと思いますが、
こういう場面でそんなのを重んじて本当の趣味を隠しても仕方がないわけで。

結局、「好きな事をやりつつ睡眠病を治していくのがベスト」
という結論に至ったところで相談は終わり、次は教授と相談する事になりました。
今回も大きな決心に至るような相談ではありませんでしたが、
少しずつ、今の自分がいろいろな面でどうしようもない存在であって、
その諸悪の原因である睡眠病を今なんとかする事に注力すべきだというのは
薄々と実感として感じつつあります。
ただ、同時に、それは周りの人間に簡単には理解してもらえないだろうなぁ、
という他人に対する不信感みたいなものが、勝手に増幅しつつもあります。
この後ろめたさが最後の壁になりそうな気がするなぁ……。
親に理解して貰って、半年ニートやっていいと言われたら
今それ以上に気楽な生活はないだろうに、どうしてもそれを前向きに捉えられないのは
いわゆる自尊心のせいなのか、あるいは情けないと思う自然な感情なのか……。

ちなみに帰り道は台風4号が接近中だった事もあってずぶ濡れになりました。
こんな状況もあり、さらに徹夜中という事もあって
雨を憂う気持ちはほとんどありませんでしたが、
ある意味ちょうど今の自分の気持ちを反映していたような気はします。
来月の今頃、自分は一体何をして過ごしているんだろうなぁ……。

0

コメントを残す