#3138

小型機器収集癖


デジモノ


夏休み46日目。

課題できないと唸っていただけで特に話題もないので
大分昔の話でお茶を濁してみたいと思います。

大分前といっても今年の話なんですが、
01月にWillcomからストラップフォンという物凄く小さな携帯が出るという話を聞いて、
無性に欲しくなったという話です。
ストラップフォン(WX-03A)とは、フリスクサイズのスレート型PHS……
といってもフリスクというものに普段から馴染みのない自分にとっては
パッとイメージできませんが、縦幅7cmとのことなので
ちょうど今使っているスマートフォンXperia GXの横幅(69mm)とほぼ同じだそうで、
これを横持ちのまま耳に当ててみるとなんとなくその小ささが分かる気がします。
当然端末底面にマイクが付いているのでしょうが、
なんだかあまりにも口元から遠すぎて、まともに声が届くのか少し心配。
以前、といってもこれも今年01月の話ですが、
前年度に修了した、去年修士二年だった先輩に
同じような小さな携帯を持っている方がいて、飲み会の時に使い勝手を聞いてみたら、
やっぱり「相手に声が届かないことがある」と言っていました。
記憶が正しければ2008年モデルの『Walkman Phone Xmini』(W65S)だったかと。
これは自分も発売当時に店頭で見かけて驚いた記憶があります。
ストラップフォンは、それよりもさらに小さく、半分以下の重量というから驚き。
まさしくストラップとして持ち歩く二台目にふさわしい携帯なんじゃないかと。

と、まぁ妄想してみましたが、自分が二台目を持つ理由など何処にもないことは
重々承知しているつもりで、強いて言えば外部との連絡用の携帯と、
PDA的な使い方として使うスマートフォンを使い分けたい、
と思った時に二台持ちはアリかもしれないし、
2008年~2009年は実際にそれに近い感じでWillcomとauを同時契約していました。
今も、Xperia GXとiPod touchで二台持ちしていると言えなくもないし、
正直これ以上の端末を常時持ち歩く余裕は全くありません。
にも関わらず、何故かたまに無性に欲しくなってしまう携帯二台目。
同じ感じで、「iPod touchじゃなくiPhoneが欲しいなー」
というのも定期的に考えることです。

自分が、そこまで電話メールを使っているような人間でないことは言わずもがな、
むしろ電話メールの頻度から言って、
毎月7,000円も払って3G/LTE回線を契約する必要性すら疑問に感じる事があるほどです。
まぁ、スマホになってからは
コミュニケーション以外の用途で携帯回線を使う多くなってきていて、
ここ二~三年で一気に必要不可欠の存在となってはいますが、
キャリアメールよりGmailの方が受け取る量が多いのは相変わらずです。

2002年にゲーム&ウォッチにハマって以来、
どうも自分は電子機器系の小物を無性に欲しくなる性質ができてしまったようで、
多分この携帯に対する所有欲も、携帯の機能そのものではなく
ただ単純に小さな電子機器へのあこがれの気持ちがあってこそなんじゃないかなと。
今は、上にも書いたXperiaとiPod touchの二台持ちを実現しているので
この二台を持つ事で所有欲は満たされている感じですが、
新機種発表時期になって新機種を見かけてしまうと
二台でも満足できないほどに一時的に欲求が爆発してしまうようです。
幸いにもまだ、その所有欲の赴くままに三台目の購入を決意したことはありませんが、
金銭的問題さえクリアしてしまえば
どんなに必要性がなくても衝動買いしてしまいそうでなんだか怖いです。
そして、仮に三台持ったら持ったで、ある一定の時間が過ぎたら
「一本化するためにiPhone欲しい」とか思い出すんだろうなぁ……。

0

コメントを残す