#3169

筆先の妄想


デジモノ 空想


昨日、特に購入目的もなく家電量販店のPCソフトコーナーを歩き回っていたら、
急にAdobeの「illustrator」が欲しくなって、帰宅後いろいろ調べていました。

今年に入ってペンタブのペンやらUSB認識の調子が徐々に悪くなってきていて、
四年目だしいい加減替え時かなと思う事は家電量販店に入る度に思っていた事でしたが、
お絵描き環境という意味で言えば、GIMPの、特に曲線描写ツール(パスツール)が
機能の目的と自分の目的とが合わないと感じる事が間々あり、
いつか有料ソフトを買う事ができれば、と思う事もよくありました。
深刻なのはどちらかというとペンタブの方だと思っていましたが、
買い時なのは圧倒的にソフトの方だという事を昨日、改めて思い出したのでした。

illustratorというペイントツールは約7万円というとんでもなく高価なPCソフト。
なんですが、学生割引制度があって、学生である今なら4万7千円引きで買えるようです。
結局それでも2万数千円でiPod touchとあまり変わらない額なんですが、
自分の場合はその額で買えるのも、多分あと五ヶ月しかないんですよね。

もちろん、illustratorの全貌を把握しているわけでもない自分にとって、
主に月一のトップイラストにしかペイントツール使っていない自分にとって、
仮に今買ったとしても宝の持ち腐れになってしまうのはほぼ明らかでしょうし、
そもそもこのノートPCの場合だとスペック要件が微妙に足りてないため、
レイヤーを十数使った本格的な制作ができるかも怪しいというのもあります。
それでも、PCの買い替えは少なくとも来年中にはすることになるだろうし、
先行投資という意味で言えば、4万円引きの今なら値段相応かなぁとも思うんですよね。
イラスト制作に関するモチベは少しずつ進歩してきて、今のところ退化した感じはないし
今後も“創作”というものに対する姿勢を変えない限り意義はあるんじゃないかなと。
同じような事を大学時代最後の一年に
「Flash」のアカデミック版を買おうか悩んでいた時期があって、
あれは買わなくて正解だったなと思いますが、今度のは事情が違います。

もちろん、GIMPのパスツールよりも使いやすい曲線描写ツールを持ったソフトは
illustrator以外にもあるでしょうし、そっちを使うという手もあるんですが、
そうやっていくうちに遠い将来、やっぱりillustratorが欲しいと思っても
7万円というのはポンと出せる額ではないでしょうし、
そういう意味では、今はイラスト制作に関する分岐路に立っているように思います。
現実的に考えて、身の丈に合った数千円以内のソフトにしておくか、
あるいは自分の将来性に賭ける意味で2万3千円出費してみるか……。
なかなか悩ましいところ。
まぁ、ペンタブを買った時は、
そもそもペイントソフトはMSペイントしか知らないというような状況だったので、
あの時よりは無謀ではないと思いますが。
でも、絵心のなさ等々の事情から、
自分にとっては今もお絵描きがそれほど大きな趣味ではないというのも事実。
今思えば、大学時代はそういう突発的な買い物をよくあれだけやったもんだ……。
当時はアナログ絵ですら完全に幼稚園児の落書きレベルだったのになぁ。
……今もそれとあんまり変わらないんですけど。

この辺は、他ソフトの使用感、生活費整理、PC買い替え、来年度以降の過ごし方、
などなどいろんなことを踏まえた上で決めていきたいなと思っています。
今、Amazonで本と一緒に買うと1,000円引きになるセール中みたいですが、
多分決断するとしたらそのセールが終わった来年初頭頃になるんじゃないかなと。
もし、奨学金の余りをPC買い替えに使えるようだったら
来年初頭にそれを使ってPCと一緒にillustratorも買う可能性は高いです。
その後の見通しが立っていない今、そんな事していいのかは分かりませんが。

そういえば、そろそろいい加減に
いつでもPCの引っ越しができるように準備しておかないとなぁ……。
ダウンロードしたフリーソフトやらなんやらの蓄積は1,000本を超え、
その確認と移行作業だけでも大変なのに
2009年に細分化したドライブのパーティションやら、iTunesのライブラリ移行やら、
Vista→8へ移動する際の互換性の確認やら、考えただけでも気が遠くなりそうです。

にしても、高価な買い物ができる身分でもないのに
こういう捕らぬ狸の皮算用をしてしまうというか、奨学金がどうのこうのと言って
なんだかんだで実際に買う方向へ持っていこうとしてしまうのは自分の悪い癖だなと。
バイトができればその辺はスッキリするんでしょうが、
修論は中間発表でゴールではなく、あと二ヶ月は地獄が続くという現実。
年明け後は名実ともに修了を待つだけのモラトリアム期間となるわけですが、
多分、奨学金に頼らずに金銭的な問題をクリアするとしたらそこしかないのかなと。
最近ますますこのPCも調子が悪いため、この辺は「だったらいいな」ではなく、
そのうち現実的に考えなければならなくなるんじゃないかと思います。
そのモチベ維持の為の捕らぬ狸の皮算用だったら結構な事なんですが、
大学時代四年間はなんだかんだ言ってバイトすらしていない生活だったので
不安と言えば不安……。
少なくとも自分を変えるくらいの覚悟がないと厳しいんじゃないかとは思っています。

とりあえず、イラスト環境革新は今後半年間の目標のひとつとして
ひそかに心に留めて置きたいところです。
どうせ今月末はまたゼミ発表にうなされる日々がやってくるんだろうし、
こういう、今後の展望を考える余裕があるとしたら今だけなのかもなぁ……。

今日は22時就寝04時起床で、昨日と真逆で物凄く短いような一日でした。
とりあえず、寝る前にブログを書くのと、日没まで起き続ける事は成功しましたが、
なんとなくこの後不自然に眠れないような予感がしています。
もうずっと眠いのに、ベッドに倒れ込んでもギリギリ眠れないというこの感じ……。
いつも、こういう感覚から生活リズムが壊れているような気がするんですよね。
果たして明日の起床時間はどうなることやら。

0

コメントを残す