#3231

退屈という名の毒


今日の出来事 自分


思えば今月は初日の初雪に始まり悪天候に生活を振り回され続けてきました。
先週末になってようやく生活リズムの方は安定が見え始め、
気候の方も安定して今日は久々に自転車ででかけることができたりもしました。
……が、先週までの不摂生が祟ってなのか、
やはり先週末歩きまくったのがマズかったのか、とにかく体調がよろしくない。
昨日、一昨日と廃人のような連休を過ごしてしまい、
さすがに今日は治っているだろうと思ったらそんなことはなく、
昨日とほぼ同じく午後から一気に調子を崩すというパターンで
6時間ほどを無駄に過ごしてしまいました。

ただ、自転車でゲーセンまで行って気分転換したのが効いたのか
昨日よりかは若干マシで、何もできずに苦しんだ時間は約4時間ほどで、
そのあとは「どうせ集中できないだろう」と思いつつも、
全く回らない頭でポップンのスコアリストを整理していたら
先月末にIIDXのスコアリストを整理した時と同じく歯止めがかからなくなり、
そして驚くべきことに昼間あんなにダルかった身体の症状が
まったくなんともない健全な状態に戻っていました。

暇な時間というのは身体によくない、ということは
前々からつくづく思っていた事なんですが、今日はそれを身をもって体感しました。
身体に良くないというのは極端で、今までは「暇になると頭が退屈して眠くなる」
という程度の認識だったのですが、
まさかこんなにも極端に体調に変化をもたらすとは……。

今の自分は、自覚している以上に時間が有り余っているのかもしれません。
実際は時間が足りなすぎて困っていると常日頃から思っていたはずなんですが、
よくよく考えてみれば、今年のかなりの部分は昨日・一昨日みたいな体調不良で
「やりたくてもできない」という状況から抜け出せずに過ごしてきたと思うんですよね。
それは、実は修論を除けば取るべき講義がひとつもないというこの状況が、
案外暇だったということの証左だったのかもしれません。
決して、暇だからゲームをする、暇だからサイト運営をするという感じで
暇つぶしのために趣味を存続させてきたわけではありませんが、
これらが暇という毒から抜け出すための何かとして作用してきたということは、
今日の体長変化から言えるんじゃないかなぁと思ったり思わなかったり。
なんで自分が時間がないと悩み続けているのか、
今年の残り少ない時間で考えられたなぁと思うわけですが、
まさしくその今年の残りこそが時間が足りなすぎて困っている今日この頃です。

そんなわけで今日は22時半就寝08時起床。
11時半にゲーセンに行って、IIDXを3回、ポップンを1回、SDVXを1回プレイしたら
思いの外ヘトヘトになってしまって、休憩がてらスマホをいじっていると
突然高校時代の友人から電話が来て、慌てて店の外に出ました。
電話の中身は忘年会の事についてでした。

実は前にこの話題を出した後にもメールで連絡が回ってきて、
基本的に人数が少なく前回の飲み会でいきなり歌い出した人達が中心とのことなので、
学生組の自分は空気を読める自信もないし今回は控えとこうと、
「メンバーが少ないし」と遠回しな言い訳をして不参加を一度は表明したところでした。
しかし今回は、新たに二人ほど参加して(自分も含めれば)9人になる可能性がある、
ということで改めて誘いの電話を貰って、
その面子なら参加したいかなぁとは思ったのですが、
現実問題として修論の進行状況がこの惨状だとそもそも冬帰省できるかという問題が。
幹事の友人二人は今週末に店を決めて予約を入れるつもりとのことなので、
とりあえず自分は土曜日まで待ってもらう事にしました。

状況を整理すると、まず忘年会の期日は29日。
冬休み開始日はというと、そもそも修論執筆以外にここに留まる理由はなく、
学費等の問題もあとは自分が振り込めばいつでもいいという状況なので、
最速22日を理想として考えています。いつの間にかもう今週末という。
基本的には、ゼミ内の方針として修論を書けるなら実家で書いてもいい事になっており、
その気になれば別に明日から帰省しても大学側から責めてくる人はいません。
ただ、卒論の時もしかり、大学生活始まってからの自分を振り返るに、
ここで帰省したら絶対に修論なんてできやしないし、
それどころか年末企画その他の作業もままならないのは目に見えているわけで、
少なくとも21日までは修論をやるべきだろうというのが自分の中での結論。
まぁ実際には体調不良でそれすらもままならない日々を過ごしているんですが。

そもそも、今の自分があと何日で修論完成というところにいるのか、
という明確な立ち位置も把握していないため、
いつ帰省できるかという審判は今のところ教授任せという状況です。
形式上は中間発表会で折り返し地点には立ったはずで、
ゼロからの手探り状態と比べれば
今はやろうと思えば筆が進む状況ではあるはずなんですよね。
ただ、如何せん雪やらなんやらで大学そのものが疎遠な時間を長く過ごしてしまったため
修論に対する意欲としては、下手すると大学院入学以前並みにまで低下している感があり
まずはこの辺の心の問題をどうするか、
そしてそれを支える為にこの身体がダルい状態をどうするかが悩みどころです。

案外、今日のポップンスコアリスト整理作業みたいに
やり始めてみたら体調不良なんてなかったことになるのかもしれませんが、
それが果たして意欲最底辺の修論にも通用するのかどうか……。
ともあれ、図らずも友人からの電話が修論を進める新たな目安になったので、
とりあえずは土曜日までに冬帰省の日程を決めることを目標に、
最悪でも今週一度教授に見せに行くというハードルだけは越えたいところです。

0

コメントを残す