#3276

制約への対抗心


デジモノ


昨日の話ですが、昼食後大学へ行くまでのわずかな休憩時間に
iOS6.1へのアップデートと、ついでにちょくちょくiOSのアプリ探しをしていました。

自分はAndroid(Xperia GX/SO-04D)とiPod touch(5G)を並行して使っていて、
当然ながらメイン機はLTE回線契約をしているXperia GXの方で、
iPod touchは音楽プレイヤー専用機として使っています。
テザリングを使えばiPod touchも外出先でネットに繋げることはできるわけですが、
回線速度は比べるまでもなく、だから敢えてiPod touchの方で
いわゆる作業効率化アプリなどの環境を整える必要はないんですよね。
にも関わらず、なんというか無性にiOSをカスタムしたいと思うときが定期的にあって、
昨日の昼食後もそれでした。

iOSもAndroidも一応二年以上使っている身として思うのは、
やっぱり普段使いのスマホとしては
Androidの方が利便性の面で上回るんじゃないかなということです。
Androidはホーム画面のカスタマイズ性が高くランチャーアプリも豊富なため
ロック解除から任意のアプリを起動するまでの快適性というのを
気が済むまで追求できるというのがまず大きな長所としてあって、
さらにインテント機能と言ってアプリ間の連携がとてもよくできていて、
この辺は、例えばSafari以外のブラウザを使おうと思っても
しばしばSafariを開いてからブックマークレットへ渡すという作業が必要になりがちな
iOSとは一線を画す機能だと思います。
iOSにも「Open In…」という項目でアプリ連携できる場合もありますが、
インストールしたアプリすべてがそれぞれ連携できるというわけではなく、
今のところTwitter公式やEvernoteなどごく一部に限られるというのが現状です。

一方iOS特有の特徴と言えば、OS全体の安定感とデザインの統一感、
そしてなんだかんだ言って他の追随を許さない
iTunesと同期可能な標準ミュージックアプリといったところですが、
webブラウジングやRSSリーダー、メモ系アプリといった普段使いの分野では
どうしてもいまひとつ劣るというのが個人的な印象です。
でも、だからこそなのか分かりませんが、
そこをなんとかしたいという気持ちがたまに湧いてきたりして、
探せば強い制約の中でなんとかそれを実現しようとするアプリがちゃんと出てくるのが
iOS Appの面白いところだったりするんですよね。
もう長くiOSのwebブラウザといえば
画面固定型広告は排除できないものだと思っていましたが、
今日試しにSleipnirというブラウザを導入してみたら
綺麗さっぱり広告がなくなってちょっと感動しました。
今まで使っていたMercury Browser Proというアプリにも
フィルター機能はあったのですが、基本的にフィルタ対象は英語圏の広告に限られ、
あとはフィルタリングのルールを自作する必要があったので、
その必要が無く最初から追尾型広告も排除できるSleipnirはかなり快適と言えます。
ただ、細かい点はまだ試していないのでなんとも言えませんが、
firefoxのブックマークとの同期が欲しい自分としては
あくまでRSSリーダー経由でニュースサイトを見るとき用といった感じです。
ここで、RSSリーダーから直接Sleipnirを起動できれば最強なんですが、
今使っている高機能RSSリーダーアプリ『Reeder』はそれができないんですよね。
軽く調べたところ、他アプリでなら実現できなくもなさそうな感じなので
もうちょっと調べていきたいと思います。

webブラウザの他にもメモアプリも探していました。
iOS最大の欠点はIMEの差し替えができない点と、
標準IMEにカーソルキーがない点だと思っている自分にとっては、
iOSはどうしても何かを書く作業には適していないとこれまでずっと思ってきました。
今までにも『dropbox』『Evernote』『Catch Note』『Nebulous Notes』
『DraftPad』『Simplenote』などなどメモ系アプリをいろいろ試してきましたが、
結局文字入力周りの環境が変わらなければiOSでのメモは定着しそうになく、
実際にiOSで長文を書いた経験は3G時代含めても多分全くないんじゃないかと思います。

ところが、ふとネットで調べてみると
カーソル周りの機能を補完するメモアプリというのがいくつかあるようで、
今日はその中でも『Writron』というアプリをダウンロードしてみたのですが、
これがなかなか使い勝手がよく、iOSでのメモ環境見直しのきっかけになりそうです。
これは『DraftPad』と同じく、メモアプリ内にメモを蓄積するのではなく、
書いた文章をあらゆるアプリに転送する機能に特化したアプリで、
Twitterの投稿、クリップボードへのコピー、キーワード検索などなど、
書いた文章をいろんな方面に飛ばすことができます。
このアプリではIMEの上部に拡張部分が追加されて表示されるのですが、
その中でもカーソル移動ボタンをタップしながらスワイプすると
動かした指に追随してカーソルが動くという機能がものすごく便利なんですよね。
通常iOSでカーソル移動をするときは、移動したい文字の付近をタップしたままにして
虫眼鏡表示になったらカーソル位置を微調整する、という方法を使いますが、
もう操作性の良さで言えば段違いの快適度です。
欲を言えばソフトキーで一文字ずつカーソル移動したかったというのもありますが、
まぁでもメモ環境としてはこれで必要十分かなぁと。

実は、フリック入力それ自体は4.6インチのXperia GXよりも
4.0インチのiPod touchの方が横幅が手に収まっている分遙かにやりやすいんですよね。
そういう面でもiPod touchの文字入力環境は大切にしていきたいところです。
こうやって見ると二台持ちせずにiPhoneへ一本化するのも
難しくないんじゃないかなぁと思ったり思わなかったり……。
Xperia GXを買ってまだ間もないのに何を言うんだという話ですが。

さて今日は21時就寝04時半起床と久々に夜明け時間帯に起きた一日でしたが、
先月分の未投稿記事を書くのに精一杯という自堕落っぷりで
調子はあまりよくありませんでした。
まぁでも昨日友人と会って食事をしたことで一気に生活リズムが補正されたおかげで
生活リズムに関して言えば順調に立ち戻ってきてこれた気はします。

0

コメントを残す