#3367

巨大な窓


ゲームのプレイ日記 デジモノ 文化


弟が23型のデスクトップPC用モニタを買ったけど今は特に使い途がないとのことで
今、ちょっと借りてメインのノートPCと繋いで使わせてもらっています。
ノートPCは起動しっぱなしのまま元々のディスプレイのスイッチを切り、
その代わりにDACケーブルを介してフルHDに映し出すという方式で、
解像度は1,920×1,080のフルHD。とにかく大きいです。
ノートPCの使わないディスプレイが邪魔になってしまっていますが、
解像度が大幅に広くなった割には安定しています。
その代わり、普段慣れないディスプレイだからか目の負担がとてつもないですが……。

せっかくなのでこのディスプレイから自分のサイトを眺めてみました。
サイトを作るとき、自分の確認できる環境以上の解像度から見た場合に
一体どういう風に見えているのかというのはいつも気になっていたことです。
昔はそういうことを配慮する余裕もまったくなかったため
画面一杯にコンテンツが広がるような設定にしていて、
当時のページを表示したらとんでもないことになっていたのでしょうが、
幸いmax-widthを指定していたため、そういう事態には陥りませんでした。
その代わり、例えばこのブログなんかはとにかく表示領域がこじんまりしていて、
ちょっとスペースの無駄なんじゃないかとは少し思いました。
楽天ブログのこのテンプレートは横幅が760pxなので、
もはやフルスクリーンで表示すると余白の横幅の方が広いという事態になります。
特設サイトの場合は1,000pxなので比較的マシで、
新本家サイトは可変長なのでほとんど余白は増えません。
ただ、新本家サイトのような可変テーブルがいいのかというとそうでもなく、
これだけディスプレイが大きい状態で横幅一杯に文字が並んでいると、
それを目で追うだけで負担が増えてしまうので、
広ければいいというものでもないのかなと思います。
ちょうど今、新本家サイトの新しいレイアウトを考えていたところだったので
この辺はこのディスプレイでいろいろいじってみて参考にさせてもらうつもり。

ディスプレイが大きくなったことによる一番の恩恵は、
マルチタスク作業中に“別のウィンドウを見ながら作業ができる”という点かと。
個人的にはEvernoteやCatchのメモを見ながら
メモ帳で作業できるのはかなり大きいです。
最近はあまりしていませんがUstream+Twitterクライアントの組み合わせなんかも
WXVGA程度では限界があるため、こういうディスプレイが重宝しそう。
それでも今のこのノートPCはそもそものスペックに限界があるので、
例えばディスプレイがHDだからといってフルHD動画が快適に観れるというわけでもなく、
その辺を実現したいと思ったらやっぱりPCの新調が必要になってくるんですけどね。
まぁでも次のPCを買う時の画面サイズの指標を決めるのには役に立つのかも。

PC環境関連でもうひとつ、先日故障が発覚したCDドライブの代替として
以前から買っておいた安物の外付けCD/DVDドライブを昨日始めて使ってみたのですが、
とにかくディスク読み込み時の音が凄いのと、
電力不足なのかUSBのエラーなのかエンコード中にエラーファイルを吐きまくるなど
結構酷いものでした。BUFFALOは以前もUSBメモリで酷い目に遭いましたが、
これもちょっと当たりとは言えないものだったのかも……。
まぁ3,000円未満と他社製品と比べて一回り安いモデルだったし、
ある程度は目をつぶらないといけないところもあるんでしょうけどね。
そもそも最近電力供給エラーが頻発するUSB端子が原因という可能性もありますが。

今日は04時就寝11時半起床。
昨日の遊戯王カードの反省を踏まえて、たまには積極的に気分転換しようということに。
といっても手っ取り早い気分転換手段といえば音ゲーくらいなんですが。
ということで最寄りのゲーセンで4クレほど遊んできました。
4クレは月2,000円が目安の実家生活中としては破格の浪費ということになりますが、
正直言ってこれ以上頻度を落として中途半端に遊んでも
結局腕が上がらなかったり感覚を忘れてしまったりでモチベ上昇に繋がらないので
潔く月3,000円くらいで継続的にプレイしていこうかなとも考えています。
これでGW終了後もバイト始められなかったら本格的に詰むんですけどね……。

IIDXもポップンも今日は半分以上が前回出した隠し曲ランプ埋めで終わり、
高難度は例によって体力切れで打ちのめされるというパターンでした。
そんな中、IIDXのDPだけはLiberation(DPN)で☆6を初クリアするなど
それなりの進展があり、今はなんだかんだでDPが一番楽しいです。
☆7さえできるようになればExtra Stageに進めるようになるので
そこまでが踏ん張りどころかと。

遊戯王の方は何度かやって、
昨日ボロ負けした相手のメインデッキにも一度は勝つことができましたが、
一方で今日組んでみたネタデッキはまったく活躍することができませんでした。
2009年冬帰省にも一度組んだことのある
“終焉のカウントダウン”を使ったロックデッキなのですが……
もはや我が家の遊戯王事情はシングル買いをするたびに高速化してしまっており、
この手のにわか作りのネタデッキがまるで通用しなくなってしまっているようです。
でも構築するデッキを絞ってガチデッキにまとめると
対戦時に選べるデッキの選択肢が狭まってそれはそれでつまらないし……。
昨日の件といい、カードゲームって
楽しもうとすることを意識しだすとなかなか難しいゲームなんだなとつくづく。

せっかくなので1,080px一杯に広げたメモ帳の最後まで書いてみました。
数え間違っていなければ82行ということになるみたいです。結構長いなぁ……。

0

コメントを残す