#3386

受け身の財布


web制作 今日の出来事


前々から印鑑が見つからないだとかでできずにいた、通帳の住所変更をしてきました。
この通帳は大学院のときにクレジットカード機能を付けていて、
そのクレカの請求先住所が通帳に記載の住所以外に指定できないということで、
本来ならできるだけ早くするべき手続きだったのですが、
結局引っ越しから約二ヶ月もの時間がかかってしまいました。
ちなみに印鑑は大学院時代に買った缶のような形の筆立ての中に入ってました。
手続きの相手をしてくれた人はこの春入った新人さんなのか、
慣れない手つきでかなり待たされましたが一応無事に住所変更はできました。

クレカは、自分から作れるなら作りたいという気持ちも当時からあったとはいえ、
たまたま持っていた通帳が古いタイプで預金の引き出しができないとかなんとかで
窓口に持っていったら「通帳変えますね。ついでにクレカも作ってみませんか?」
と言われたのが自分がクレカ決済をするようになったそもそもの発端でした。
今や便利すぎて手放すことはできませんが、
ある意味自分の浪費癖を加速させた根本的原因のきっかけだったと言えるかも。
もっと言えば、実は所持金スッカラカンの今の自分が
なんとか大学院時代と同じようにアルバムを買ったり音ゲーをしたりしながら
携帯代も払えているのは、リボ払いに申し込んだからなのですが、
それもそもそもの発端はクレカ会社からいきなり電話がかかってきて、
「支払い方法としてこういうのがあるんですが登録してみてはどうでしょう?」
と勧誘されたのがきっかけでした。
その口車にホイホイと乗ったおかげで、
今はギリギリの状況を駆け抜けているわけですが、
なんというかいろんな意味で危険だなと思わなくもないです。

お金を貸す、借りるということに対して一歩引くように心がけているつもりなのに、
リボ払いだとか奨学金といった、オブラートに包まれたようなものに対しては
結構思っている以上に警戒心を薄めてしまう弱さが自分の中にはあるのかも。
まぁでも、クレカも「借金みたいなものだ」とよく言われますが、
こればっかりは金銭周りの利便性を増すだけで
そんなに悪いものではないと思いますけどね。
Amazonを使うたびに代金引換分の小銭を用意するとか今や考えられないし。
ただ、今の自分みたいに支払いを持ち越すのはどう見ても借金なわけですが。
一応いまのところ超えてはいけない線はちゃんと意識して使っているつもり。
その線を越えないように気を付けたいと思います。

さて今日は特設サイトの更新作業をメインに作業三昧の一日でした。
『ピクミン3』の発売日発表以来、いよいよ発売前情報が賑わってきているおかげで
最近は特設サイトの運営モチベが割と高いです。
それ自体は結構なことだし、自分自身もピクミン3は相当楽しみなのですが、
一方でブログの運営モチベはやたら下がってきています。
Twitterはモチベあるんだかないんだかどっちつかずの状態。
新本家サイトはブログ以上にモチベ低いです。

要するに、自分は一日に世話できるサイトやらブログの数は限られてるんだなと。
何故昔の自分はサイトを沢山持つ事を盲目的に良いと信じていたのか知りませんが、
今のこの状況のようにあっちもこっちもという状況になってしまうと、
なんというか効率の悪さをしみじみと感じてしまいます。
どれかが盛り上がっているときは他が冷めているという状況は本意ではないし、
運営中のサイト全部を日々それなりにメンテナンスできる気力があれば
それに越したことはないんですが、
如何せん今は1サイト+ブログ1エントリー投稿程度が精一杯のようです。

毎日更新するのが絶対正義というわけでもないんでしょうが……
その辺は自分の中にこびりつく固定観念のようで、
自分が好きで始めたはずのものに追い詰められるこの感覚はどうにももどかしいです。

0

コメントを残す