#3450

七年目の焦燥


デジモノ

初めて満額が入る給料日が迫ってきたのと、キーボード故障など
いよいよ現行PCもガタが来たのをきっかけに、
最近本格的にPC買い替えに向けて動き始めています。
いつだったかに『VAIO TAP 20』というボードPCを見かけたのが直接のきっかけで、
あのときはお金がなかったので断念せざるを得なかったわけですが、
バイトを始めたことでようやくそれにも手が届くということで
さっそく検討し始めています。

といっても、ざっと調べてみた感じだとPC市場は携帯市場と同じように
季節によって発表・発売時期がある程度まとまってはいるものの、
携帯市場と違ってスペックを比較できるサイトが価格.comくらいしかないみたいで、
そもそもどういう機種があるのかが分からない状態です。
というわけで今日はバイト帰りに最寄りの家電量販店に足を運んで
どういう機種があるのか眺めていました。
すると、イヤホンで音楽を聴いていたにも関わらず店員に話しかけられました。

家電量販店のPCコーナーをうろついていると
店員に話しかけられることがあるというのは昔から何度か経験していることなのですが、
実際のところ「こういうのがオススメですよ」と言われても
まず自分でスペック表を見て吟味してみないと安心できないということもあり、
自分は多分、この手の営業方法では決して買わないタイプだと思っています。

ただ今回は本当に買う予定があって来たのと、
上述の通りどんな機種があるのか分からない状態だったということもあって、
店員に頼ってしまいたい気持ちもそれなりにありました。
この段階では、自分の中では画面の大きさを重視するのか、
あるいは携帯性を重視するのかで完全に五分五分の状態で揺れており、
どちらかというと画面一体型デスクトップPCの方に傾いている状態だったのですが、
それを店員に話してみると、「ノートPCも画面一体型PCもスペックは変わりませんよ」
とNEC製の17万ほどのノートPCを勧めてきました。

元々分割払いで買う予定だったので、
よほどでなければ金銭的な問題はあまり重視しないつもりでいたのですが、
どうやら分割払いでも例の利用限度額は関わってくるようで、
そうなると上限額が10万円の現状では、それを超えるPCはどう足掻いても買えない。
その新たな問題を目の前にどうするべきか迷っていると、
店員が光回線との同時契約で55,000円引きで買えますよと
ややハイテンション気味でASUS製の14万円のPCを推してきました。

もともと実家はケーブルTVで、
ここ最近で光回線にしたらと親に進言していたところだったので、
これはもしやチャンスなんじゃないかと、店員の話に乗ってみると、
何やら回線契約専用のカウンターに案内され、そこでいろんな契約書を書かされました。
こんなに突発的に、考えもなしに契約するのは危ないということは
重々承知はしていたのですが、一方で08月01日に買いたいという気持ちもあり、
そうなるとキャンペーン適用で買えるのはもうギリギリのタイミングだったので
焦る気持ちもかなりありました。
まぁ、キャンセルはいつでもできるらしいしいいかな、くらいの気持ちで。

すると、契約が終わったらバッテリーチャージャーやらなんやら記念品を貰ってしまい、
キャンセルする可能性が高いのにと思うとなんだか罪悪感も感じました。
それが契約させたい側の作戦なのかもしれませんが……。

実に1時間半もの店員との激戦を経て、とりあえず契約は前向きに考えつつ、
それが上手くいったら15万円前後のPCを買うということにして帰宅。
ところが親に早速その経緯を話してみると
偶然にも親も同時期に光回線にする手続きを進めていたとかなんとかで、
実にあっさり5万円引きでの購入計画は破綻してしまいました。
これからキャンセルの手続きをしなければならなくなり、
なんだか面倒なことを増やしてしまったような気が……。

実は我が家に共有PCが来て、本格的に自分がPCを使うようになったのが
ちょうど10年前の今頃だったりします。07月25日だったか07月27日だったか
今となっては記憶が曖昧なのですが、
2003年のPC使用一年目はいろんな広告に騙されてしまい、
その中で、ネット懸賞に応募するために家の電話番号を書いたら
NTTから光回線への勧誘電話がかかってきて親に怒られたというトラウマがあるので、
これからキャンセルしたとして、
その後契約書を悪用されてしまわれないか若干不安なところではあります。

0

コメントを残す