#3526

隙間を埋める端末


デジモノ


最近タブレットやウルトラブックへの興味がちょっと上昇気味です。
従来の自分の考え方では、この手の端末は持ち運ぶには大きすぎるし、
かといってハイエンド級のスペックもないためメイン機としても運用しにくい、
どうも中途半端感が否めないものとして敬遠し続けてきました。

ところが実家生活を続けていると、どうも“携帯端末では物足りず、
かといってメイン機ほどのスペックも必要としない”というシーンが
意外と多いことに気付き、そこにタブレットがマッチしているように思ったんですよね。
つまり、自分にとって最後のプライベート空間である寝室で、
思いっきりタイピングでき、かつベッドの上のスペースを取らない端末としては
タブレットやウルトラブックはかなりうってつけなんじゃないかと。

メイン機は実質据え置きとしてどうしても使わざるをえないという事情があり、
その置き場所であるリビングは基本的に家族が誰かしら居座っているため、
画面をのぞき見られていることはないという確信があっても、
どうしても思い切って作業に集中できないという大きな欠点があります。
これは多分、二代目PC購入が実現したとしても、
メイン機の代替として使うなら実家生活での置き場所は変わらないと思います。
よっぽど軽い端末なら寝る前に毎回移動すればなんとかなりそうな気もするのですが、
実は自分のベッドは天井が物凄く低いので、
そもそも15型級のPCを置いておおっぴらに作業できるようなゆとりはありません。

でも、10型前後のスレート型タブレットならなんとかなるんじゃないかという
しょうもないことを根拠に、
サブ機としてのタブレットが欲しいなぁと思ったのがそもそものきっかけでした。
筆頭候補は、いざとなれば物理キーボードを接続できるSurface Pro(256GB)で、
今のところ価格は9万円台。かなり高い。
国産タブレットはAndroidが主になっていますが、
Androidはなんだかんだでよく使っている
Excelの純正ソフトが使えないのが痛いんですよね……。
iTunesもないためメディアファイルのホームシェアリングもできないし。
iPadはメディアファイルの再生については快適そうではあるものの、
インテント機能がないため作業には不向きというのが率直なイメージです。
今のところOSに関してはWindows 8一択ですが、
Androidもオフィス系ファイルの編集さえなんとかなれば
あとは意外とカバーできそうだし、アプリの充実度次第ではアリかも。
Androidタブレットはなにより安いのが魅力ですよね。

docomoは二台目回線がかなり安くなる仕組みになっているらしいので、
それと端末代分割払い&割引を併用してLTE回線付きで運用するのが理想なんですが、
そうなるとAndroidしか選択肢がなくなってしまうのが悩ましいところ。

まぁ、そもそも二代目メイン機を買おうというこの時期に
一体何してんだっていう話ですけどね。
でも実家生活もあと最低半年は続くわけだし、
タブレット購入は結構前向きに考えていたりします。
メイン機はこのままいくと年度末の増税寸前頃になるかなぁ……。

00時半就寝06時45分起床の今日は、勤務中異様な疲労感によって
仕事は楽なのにやたら時間の進みが遅いように感じました。
疲労感の原因については、四連勤最終日だし昨日・一昨日の疲れが今頃出たんだとか、
昨日この時季にもかかわらず扇風機つけっぱなしで寝てしまったから
それで体調を崩しているんだとか、朝食がいつもより30分早かったから
空腹が限界に達したんだとか、水分不足なんじゃないかとか、
いろいろと考えていましたが、とりあえず目立ったトラブルもなく無事に退勤したので
今となってはどうでもいいです。

明日からは、とりあえず明日が休み、明後日一日行けば3日後また休みという
飛び石連休になっているので、思う存分ぐーたらして
ポケモン発売日に備えたいと思います。
今日はいよいよポケモンXのダウンロードカードを買ってきました。
モンハン4も全然進んでないというのに……。

0

コメントを残す