#3599

持ち運べる執筆環境


ゲームのプレイ日記 デジモノ

05時半就寝10時半起床。
たまにはということでiPod touchのアラームをかけてみたら、まさかの午前起き成功。
ようやく延々眠れずに時間を浪費する生活からの反発に成功しました。
おかげで01時半現在だいぶ眠い状態なので、このままブログ執筆後すぐ布団にもぐれば
02時半頃には眠れそう。そうすれば明日は無理しなくても10時台に起きれるはず。

眠れない夜にいろいろと計画していたこともありましたが、
今日は結局このブログの日記一覧整理作業でほとんどを過ごしてしまいました。
まぁこれも半年以上ため込んでしまっていた年末作業のひとつだったわけで、
それが無事クリアできたのはいいものの、なんだかちょっと達成感が足りないような。
結局、今自分が一番にやらなければならないのは寄稿レポートの処理なわけで、
それができない以上はずっとこのもやもやは続きそうな気がします。
締め切りはまだ十日後とはいえ、いい加減やっぱりそっちも処理するべきか。
というか本当は昨日が自分が定めた締め切り日だったはずなんですけどね。
やっぱりというか自分だけで決めた締め切りというのは弱いなぁ……。

今日は久々にゲーセンにも行ったのですが、調子はかなり悪く、
なんとかInsane Techniques(SPA)のランダムイージーを初クリアしたものの、
あとは明らかに地力が落ちていると自覚せざるをえない凋落っぷりでした。
やっぱり、「せっかく時間があるんだから」というだけの動機じゃそろそろダメか。
本当に音ゲーをやりたくなったときだけに絞るのも手なのかも。

あと、今日は例のiPad用キーボードが届いたので、
今このブログはそのキーボード、ロジクール製の『K811』でiPadから書いてます。
元々はMac向けの英字配列キーボードなので使えないキーがいくつかあるものの、
以前使っていたiPad mini用キーボードカバーと比べると
機能性に関してはほぼ遜色なく、そのまま打ちやすさが向上した感じで快適です。
その代わり、iPad本体の縦幅を5cmほどはみ出しているため
さすがにキーボード一体型カバーと比べて「持ち運びが楽」とは言い難いかも。
まぁでもかなり薄いのでバッグ併用なら全然いけると思います。

敢えて欠点を書くなら、まずスペースキーを押したときの音がやや大きい点。
結構Bluetoothキーボードってどれもこれもスペースキーだけは
カチャッという、安っぽい音が鳴る気がするんですが仕様なんでしょうかね。
あと文字入力モードの切り替えはCommand+Spaceでできるはずなのですが、
ATOK Padを使う場合、iOS側が日本語入力だと
IMEが競合を起こしてしまって正常に動作しないので
実質的に物理キーによる入力モードの切り替えができないという状態です。
まぁ補助ソフトウェアキーとして画面下をタップすればすぐ切り替えられるので、
慣れてしまえばどうということはないとは思うのですが、
結構頻繁に入力モードを切り替える癖のある自分としてはちょっと気になりました。

あとカタカナ変換などのファンクションキーが使えないのも気になりましたが、
これも慣れ次第でどうにでもなりそうなのでひとまずいいかなと。
そんなこんなでひとまずは前向きに使っていく予定。

今日はなんだかいろいろとやり残したことをたくさんため込んで終わりそうです。
それが明日の原動力になればいいのですが。

0

コメントを残す