#3615

緑色の文通


今日の出来事 文化


2013年09月以来約四ヶ月ぶりに地元の友人と会ってきました。
今回は7人(途中参戦を含めると8人)と、久々にそれなりの人数が揃いました。
本来来れるはずだった1人がドタキャンして、代わりに本来来れなかったはずの1人に
二次会から来て貰うという流れだったのですが、
これだけ揃ったのは記憶の限りでは2012年末以来。
まぁでも、事前に「行く」と言った人全員がちゃんと来るということは
結局今回もなかったわけですが。

飲み会の会話内容をここに細かく書き残す必要性はないと思っているので
中身については割愛しますが、ひとつだけ、二次会の途中から
今夏このメンバーで1泊2日旅行に行こうぜ! みたいな話になって、
まぁそれ自体は実現するのかどうか怪しいところがあるのでさておくとしても、
今後はみんなLINEで連絡しあおうよ、という流れになったんですよね。

LINEはもはや知らない人の方が少ないんじゃないかと思われるくらい普及している
コミュニケーションツール。
実は自分もAndroidを使い始めて少し経ってからその存在に気付き、
これからSkypeの代替ツールになるのかなーと思ってダウンロードしていたのですが、
去年夏頃だったかに個人情報漏洩の問題の観点から、
facebookと一緒にアカウントを凍結して以来ずっと放置していました。

ですが今やもうSkypeの代替どころかキャリアメールすら置き換えてしまうほどの勢いで、
思春期にスマホが普及していなかった自分の世代でも
もうキャリアメールよりもLINE優先という風潮はあるみたいです。
ということで、まぁ連絡を取り合うのに必要ならしょうがないか、と思いつつも
二次会会場でその場でアカウントの復帰作業
(というより、去年秋の携帯故障の件で端末との紐付けが切れていたのでその復旧作業)
をしていたのですが、
帰宅後まもなく大学院のときに便宜上登録しておいただけの同期の人たちや、
同期の人たちのアドレスを登録していたと思われる後輩のアカウントが
次々に「知り合いかも?」と友だち一覧画面に出てきて、
さっそく登録したことを後悔してしまいました。

今の自分はAndroidのメイン機に紐付けるアカウントと、
アドレス帳を保存しておくアカウントを別々に隔離してあって、
基本的にリアル知り合いは後者のアカウントにだけ登録してあるようにしています。
ところがLINEはアドレス帳読み込みの際にアカウントが選択できず、
端末に保存してあるすべての連絡先が参照されてしまうそうで。
とっさに大学院の同期のアドレスを全削除したのですが、手遅れでした。

まぁでも冷静になってみれば、知り合いかもしれないと言ってきた喋ったこともない後輩は
全部ブロックしてしまえばいい話だし、こちらは本名でやっているわけでもないので
Twitterやその他ネット活動と紐付けられても特に実害はなさそう。
とりあえず、念のため改めてアカウントを作り直しておくべきか。
第三者から検索できないようにしておけばそんなり気にする必要はないんでしょうかね?
Skypeと同じように軽い気持ちでアカウントを作ったのは間違いだったなぁ……。

今日は21時就寝04時起床、飲み会は眠気との戦いでした。帰宅したのは01時半頃。
まぁでもこれのおかげで早起きし過ぎて一日中眠い、
という粗悪な生活リズムからは脱出することができそう。
一人暮らしのときは早起きはメリットが大きかったのですが、
他人と生活リズムを合わさざるを得ない実家生活ではあまり良くないみたいです。

0

コメントを残す