#3758

不透明な旅行計画


今日の出来事


昨夜は夕食後から異様に調子が悪かったので23時にはベッドに潜り、
「これは調子の悪さが続きつつも延々眠れない嫌なパターンだな……」
などと考えていたらいつの間にか寝ていました。起きたのは10時半。
こんなに寝たのは大分久々のような気がします。

このところ毎週日曜日は『ピクミン3』のミッションプレイ動画の掲載日にしているので、
それに向けて最後のステージの収録をまず午前中にやるつもりだったのですが、
昼食も近いしということで寝起きは音楽を聴きながら軽作業をしていました。
すると、突然高校時代の友人から電話が。

電話の中身は、お盆時期前後に高校同窓生メンバーで
一泊二日の旅行に行かないかというものでした。
実は、そんなことを年明け直後の飲み会で話しているのを聞いていたのですが、
飲み会の集まりも悪くなってきているこのメンバーで旅行など考えられなかったので、
まさか本気ではないんだろうと思って聞いていました。
が、どうやら自分が思っていたよりもその計画はガチだったみたいで。
まぁ、高校メンバーはちょっと有言不実行な一面もあったりするというのは
大学院時代にそれとなく感じてきたことなので、
「今度はガチだよ!」と言われてもなんとなく信用しがたいところはあります。
でも一方で、年末年始とお盆の飲み会は
なんだかんだで卒業後七年が経っても毎年何人か集まっているという実情もあったりして、
もしかしたらという気持ちがなくもないです。

といっても、自分は修学旅行めいたものはよっぽどでないと積極的参加はできず、
どちらかというと何もかも自由奔放に行動できる一人旅に憧れる方のタイプなので、
一口に旅行と言っても、手放しに喜べるようなものではありませんでした。
このメンバーだととにかく最初から最後まで飲むか移動するかというイメージしかなかったので、
もしそんな風なら断ろうというつもりで話を聞いていたのですが、
話を聞くとどうやら自分が考えていたよりはお堅くないかな、といった感じ。
むしろ、自分たち世代の共通趣味といえばやっぱりゲームだろうということで
旅行先の旅館ないしホテルにゲーム機を持ち込んで、
夜はずっとゲームしようなんていう話も出ているらしいです。
ゲームもするなら参加しない手はないじゃないか!
……と思わず手が伸びそうになりましたが、
すぐに2007年09月10日の黒歴史を思い出してしまい、
「ゲームができるから旅行に行く」といった風に期待するのは禁物だな、
と伸びかけた手はすぐに引っ込んでしまいました。

七年前の夏、あのときは市内で遊ぼうという話でしたが、
今回と同様に「誰々の家にゲームを持ち込んで遊ぼう」という話になったものの、
いざ言ってみたら結局外の施設で遊ぶだけ、しかも自分が大嫌いなカラオケに行く流れになり、
その流れに勝手に不快感を覚えて迷惑を掛けまくった覚えがあります。
詳しい経緯はもう忘れてしまいましたが、
同日に二台目携帯機種変をして、それを友人に見せびらかすチャンスでもあるということで
その日のことはやたら期待して行った覚えがあります。

他人に対して過剰に期待しすぎることが黒歴史を生んできたというのは
自分の思春期が生み出したひとつの大きな教訓で、
こういうときも、自己顕示欲発散のチャンスだからと言って
他人を“観客”に見立てるようなことをしてしまうとアウトなんだろうなぁと今は思います。
故に、昔のようにみんなとゲームで遊べるからといって
無条件に期待するわけにはいかなくなってしまいました。
自分をゲーム好きと知る相手が、
ゲームをすると言えば旅行に参加してくれるだろうと踏んでいるんじゃないか、
とさえ今は思っています。まぁ、それはちょっと疑いすぎなのかもしれませんが……。
でもゲームをメインイベントと捉えてしまうときっとガッカリするだろうなとは思います。

今のところ、そういった諸々を踏まえて、
過剰な期待は禁物だということを自分に言い聞かせつつも
せっかくの機会だし旅行はできるだけ参加する方針でいるつもりではあるのですが、
今年のお盆シーズンはこのブログが十周年を迎える寸前の時期ということもあって、
その準備作業の進捗によっては時間的猶予を絞り出せるかどうか、
やや怪しいところはあります。とはいえ所詮一泊二日程度なので、
いくらでも切り詰められるとは思いますが……。
どのくらい切迫しているかは再来月くらいにならない分からないかも。

「ブログの移設準備があるから旅行は気が向かない」と言ってしまうのは
なんだか格好悪いような気がするというのは自分でも薄々分かっていたつもりなのですが、
行きたいかどうかという話をされたときに、
それを思わずぶっちゃけてしまった自分がなんとも情けないです。
ネットとリアルは分断して考えているつもりなのに、
こういうときに限ってちゃんと実践出来ないのがなんとも……。
まぁ、高校時代はブロガーであることをひとつのステータスにしていたわけで、
高校時代の友人だけはその延長線が通用すると思っているからこそ言ってしまった、
というのもあると思いますが。

と、こんな風に今のところ自分の中ではポジティブ思考とネガティブ思考が戦っている最中で
ちょっと簡単には結論が出そうにない状況です。
しばらくは周りの参加状況を見て様子見が正解かなぁ。
そういえばかつてのプチ同窓会のときもこんな風に散々悩んで結局参加しなかったような……。
今回はどうなることやら。

0

コメントを残す