#3908

無秩序な文字列の渇望


今日の出来事 自分

もしかして当日内の投稿は10月01日以来二週間ぶりでしょうか。
大学院時代でも似たようなことがあり、あっちもあっちでそれなりに深刻だったわけですが、
こっちもこっちで如何ともしがたい壁を感じています。
なにはともあれ、後日投稿が当たり前になってしまわないようにしたいところ……。

そしてこんな風にブログ存続危機に陥ってみると、
自分が思っているよりむやみやたらにアウトプットできる人間ではないことに気付かされます。
最近のパターンだと、帰宅後にブログを書けるタイミングと
猛烈な眠気が来るタイミングが同時にやってきてしまうため、
だからこそブログを書かずじまいで一日を終えてしまうというのがほとんどです。
しかし実は、眠気を感じてブログを諦めた後、床に就いてもすんなり眠れることはまずなく、
大抵ブログを諦めてから2~3時間は起き続けることになります。
最近だとベッドに入るのが22~23時、その後スマホゲー三昧したあげく
実際に寝るのが01~03時頃というパターンが多いです。要するに、眠気は言い訳でしかないと。

どちらかというと、こないだも書いた
帰宅後自由時間の圧迫による趣味としての話題の少なさが
ブログ衰退の直接の原因なのではないかと思うんですよね。
学生時代は「話題が無くても(半角)2,000字くらいならどんな状況でも書ける」
と結構自信を持っていましたが、案外そうでもなさそうなことに気付かされつつあります。
さすがに毎日これだけ“仕事以外の自分”が進展しないとキツいものがあるというか。

今、自分は趣味としての自分が仕事に圧迫されすぎていることを日々悩んでいて、
それがピークになると衝動的に「もう辞めよう」と言い訳を探すようになっています。
今の会社の裏側に触れてしまった先月がきっかけだったように思います。
辞めたいと思う根本的なところには、趣味としての自分を救済したい気持ちが常にあるのですが、
一方で24時間丸々自由時間になるということのある種の苦しみを
大学院時代に散々経験してもいるわけで。
それが例えばブログ衰退にも繋がる恐れがあるということも考え始めると、
ブログ存続に関してだけ言えば、
ただ辞めるだけがベストではないという結論に辿り着くんですよね。
まぁ、それでも今は喉から手が出るほど休暇期間が欲しいのですが……。

結局のところ、ブログのためにはほどよい自由時間が必要なのではないかな、と。
まぁ、自由時間があまりにも少なかったらキツくなるだろうというのは
なんとなく今までも想像してきたことでしたが、まさかこれほどとは思いませんでした。

それにしても、これから安定的にブログをやっていくにはどうすればいいんだろう……。
こういうときに定期的に、時事的なところに首を突っ込もうとするのですが、
サブブログで一度コケているのでうかつには手を出せないんですよね。
ブログ衰退の原因が話題の無さだと分かった以上、
改めて手を出すのもアリかな、とは思っていますが。
あとはやっぱり日頃からの着想メモが突破口のような気はします。

0

コメントを残す