#3916

四頭皇帝戦


ゲームのプレイ日記

今夏以降がむしゃらにダウンロードしてきたiOSアプリのオンラインマルチ系タイトルの中でも、
どうやらメインタイトルとして自分の中でも定着しつつある『』。
ダウンロード自体は先月の時点で行ってはいたものの、
ルールをよく把握しないまま1-2でズタボロにやられたのをきっかけにしばらく放置、
10月01日に再開してからは猛烈にハマることとなり、その勢いのまま今にいたります。

ゆくゆくはギルドを自分で設置したいという気持ちがあり、
ギルドマスターになれる最低条件であるLv.20に到達した10月12日、
一度ギルドを作ってはみるものの、募集後の不安など諸々を考えたあげく
やっぱり最初はどこかのギルドに入らせてもらって空気を掴むのがいいだろうという結論に。
そこからしばらくギルドメニューの“勧誘を待つ”で存在アピールをし続け、
10月19日にようやくとあるギルドに入らせて貰うことになりました。この時のレベルは28。

『メルクストーリア』では、通常クエストとは別に“ギルドバトル”という、
四つのギルドによる対抗戦が一日に四回あります (開催日はギルマスの設定によって異なる)。
ギルドバトルはいわばギルドメンバー対ギルドメンバーの総力戦。参加人数は最大80人。
攻撃側は自分自身の所有ユニット全員を救援ユニットとして召喚でき、
防御側はギルドメンバーが持っているシードモンスターをそれぞれ2体まで持ち寄って、
それを防衛モンスターとして設置することができます。
つまり、総力戦を制するには通常五体までのユニット編成だけでなく、
控えユニット最大50体の強さも気にしてゲームを進めておく必要があると。
防衛シードモンスターにはレアドロップであるボスモンスターも設定できるため、
上級者のいるギルドに攻め込むと体力が20万とかあるボスモンスターとの連戦になります。
いかに強いユニットを集めて、防衛シードモンスターも強いものを出してギルドに貢献できるか。
これは……同レベル同士でギルドを組んだら相当面白いのでは……。
つくづく、なんでこのタイトルをリリース当初から手を出さなかったんだろうと後悔。

ギルドバトルは一日四回(朝・昼・夕・夜)の累計ポイントで勝敗が決まるため、
最終戦である夜のギルドバトルではラッシュがかかることも少なくないです。
先日、自分も勇気を出して初めて他ギルドに攻め込んでみたのですが、
そのときもかなりの接戦で、
最終的に自分のギルドのギルマスが時間ギリギリに1位ギルドに攻め込んで逆転勝ちしました。
ちなみに自分はと言うと、次々に出てくるボスの前になすすべもなく惨敗しました。
当面は応援と祈りだけの参戦になりそう……。

自分自身はさっぱり貢献できませんでしたが、
iOSのオンラインマルチ系でここまでわくわくしたのも初めての経験でした。
これは冬休みにサブアカを作ってローカルでギルドを組んでみるのもアリかも?
まぁ、その前にメインアカウントのレベルを上げて貢献できるようになるのが先か……。

0

コメントを残す