#3926

防衛戦の峠


ゲームのプレイ日記 デジモノ

さてこの一ヶ月ほど自分の中で大きな話題になっているiOSゲーム『』。
今日はラストスパートのつもりでほぼ一日中粘着し続け、
その結果ついに現行メインストーリークエスト全144面 (難易度:ふつう) をクリアしました。
以下、ゴトバ地方ボス突破までの経緯をぐだぐだ書いてみます。

まず昨日辿り着いたエリア9・ゴトバ地方最初のボスの挑戦中にクエストクリア報酬のダイヤは
すべて尽きてしまったので、AP回復のみという名目で3,500円を投じて50個購入。
これを使い果たしてもいいからとにかく三連休中にホロジア突破まで行きたいという思いで、
土日限定クエストとボスクエストを昨夜からひたすら往復していました。
ちなみに、基本無料アイテム課金制のモバイルマルチ系で課金したのはこれが初めてです。
他タイトルはともかく、メルストだけは課金していいやという風に自分の中で決着付いたので
これからは遠慮無くつぎ込む予定。

9-8に登場する最初のボス・ホロジアは緑属性の3対同時攻撃能力を持った強敵。
しかも、ボスの攻撃にいままでにない強烈なノックバック効果があるため
タフネスがそれなりにある前衛ユニットでものけぞりやすいという特徴があります。
今までのような前衛2・回復2・後衛1というスタンダード陣形では
対抗属性を持ってきてレベルを最大まで上げてもさっぱり歯が立たないので、
いったいどうしたらいいのかと、昨夜時点ではほぼさじを投げかけた状態でした。

今日に入ってからもルーンやシードモンスターを徹底的に揃えて突撃してみるのですが、
ボスの単独攻撃に持ちこたえられるようにはなっても、
今度は周辺の敵が来ると対応しきれずに前衛の前で敵が固まってしまい、
そこから一気に突破される……というパターンでリトライを繰り返すこと15回。
やっぱり★3ユニットをゴルドスカウトで引き当てるしかないと
半ばやけくそで土日クエストを往復してお金稼ぎに走るものの、収穫はイマイチ。
そもそも、この局面で★3をひきあてたところでそれが赤属性でなかったら意味が無いわけで、
求めるものをピンポイントで引く確率の低さからすると
★3狙いは却って無謀な方策なんじゃないか、ということにようやく気付いたのが16時頃。

その後はひたすらパーティ構成の研究をし続け、
そして21回目の挑戦でようやく光明が見え始め、23回目でついに突破しました。
構成は前衛1、回復1、後衛3。パーティの属性は回復のみ光属性であとは赤統一。
完全統一できなかったのは、赤で回復のユニットがいなかっただけです。
基本戦術としては、まず前衛 [橙の重戦士] ムント と 回復 [紫光の旅人] カナン で
敵の侵攻を食い止める壁を作り、その後ろからリーチ長めの後衛
[赤の見習い禿] こうめ、[白矢の弓手] ショット、[百合の女戦士] リリー の三体で攻撃。
ただしこの陣形を作っただけでは、どんなに初期SPを上げても容易に崩れてしまうので、
ここで前衛はバックキャンセルという技を使って陣形崩壊をなんとか防ぎます。

このゲームは各ユニットのアイコンを下フリックすることで後退させることができるのですが、
後退中は敵の射程範囲内であってもダメージが通らないようになっています。
そこで、敵の攻撃タイミングで一瞬だけ後退し、すぐに戻して攻撃に転じるという
いわば敵の攻撃をアクティブに避ける戦術がバックキャンセルです。
そんなことができるならどんなクエストも楽勝じゃないかと思われるかもしれませんが、
実際には敵モンスターが複数になると攻撃タイミングがアトランダムになるため
一対複数ではまったく通用しないし、
一瞬の後退の隙にモンスターが進撃してくるリスクは常にあるため、
無敵というわけではありません。

今回の場合、後衛の火力はボスモンスターを素早く倒すためというよりも、
避けきるのが不可能な他のモンスターをなるべく早く処理するためのものです。
ボス以外のモンスターがいないときはボスに集中砲火を浴びせ、
ボス以外のモンスターが乱入してきたらまずそちらを片付ける、という先方です。
時間がかかった上にバックキャンセルが失敗すると無残なことになりましたが、
ともあれこの戦術でなんとかホロジアは突破。

二番目のボス・ホーリーバイソンと現行クエストラスボスのオルガウスも、
それぞれ属性や攻撃数などに違いはあったものの、概ね同じ戦術が通用しました。
結局一番苦戦したのがホロジアで、三体合計のAP回復回数(=ダイヤ消費数)は20個。
実費換算で2,000円分と考えれば、結構浪費してしまった感も……。
でも最終的にノーコンティニューでダイヤスカウトにも頼らずにクリアできたので、
それなりに達成感はあります。
ちなみにストーリー自体は、物語の核心にいよいよ近付いていっている感じはするものの
まだラストっぽい雰囲気ではなく、エンディングはまだ先にありそうな雰囲気です。
このゲームにはユニットだけでなくモンスターにもレア度が割り振られているのですが、
ゴトバ地方に至るまでのすべてのボスをひっくるめても★5はまだ存在しないそうで、
きっとラスボスのみがその座につくんだろうなと今から期待しています。

明日から、というより今夜からはさっそく
ストーリークエスト二周目 (難易度:ムズ) を埋めていく予定。
あ、でもまずはそれよりイベントクエスト二周目の方が先か。あっちの方が難しそうですが。
ギルバト防衛に貢献できるようなボスシードも喉から手が出るほど欲しいんですよね……。
うーん、一周終わったとはいえまだまだやることはありそう。
そういえば11月イベント「夢添いの君と忘却の町」も昨夜一周やりましたが、
先月イベントと同じくなかなか考えさせられる内容で、やたら感動してしまいました。
メルストの大きな魅力ですね、イベントクエストは。
08月以前のイベントも一部メダルで時限解放してくれるようですが、
是非ミニイベントまで含めて常設して欲しいなーと思ったり。まぁ、メダル無いんですけど。

あとはストーリー一周記念で一度くらいダイヤスカウトを回してみるのもアリかなーと。
ただ、うわさによると、レア確定ゴルドスカウトと
ダイヤスカウトの★4が出る確率はあんまり変わらないんだそうで……。あくまでうわさですが。
ダイヤの方は10連回せば★3以上2体が必ず仲間になるのと、
ごくわずかながら★5が出るというロマンはあるものの違いとしてはそれくらいで、
土日なら“黄金の遺跡”往復にダイヤを費やした方がお得のような気がするんですよね。
とはいえ、一ヶ月間でちょくちょくゴルドスカウトをやっていて
一度たりとも★3以上が出ていないという現実もありますが。
基本的にはダイヤスカウトは★3確定2体と
1回につき10回バックされるメダルが目的になりそう。
それと3,500円が釣り合うのかと言われるとさすがに首をかしげざるを得ませんが、
まぁスマブラ3DSすら持たなかった一ヶ月を楽しませてくれているビッグタイトルだし、
お布施の意味を込めて買うのもアリかな、なんて。

結局三連休二日目の今日もコンシューマーゲームの勢いはイマイチでほぼメルスト三昧でした。
昨日はまだ作業の方が捗ったのに、今日は完全に終始メルスト。
一周クリアでとりあえず峠は越したと思うのでさすがに明日は別のこともやりたいところ。
それにしても三連休、なんて長いんだろう。
久々に無計画で長い連休を過ごしているからか時間の流れがすごく遅く感じます。
時間を大事にしたいならやっぱり休日計画は立てるべきではないのかもなぁ。

0

コメントを残す