#3938

撹拌される数字


デジモノ 音楽

恒例の音楽再生数統計の日が平日で多忙だったことから必要最小限のことしかできなかったのと、
その日はさらにキーボードを買ったことで話題が埋まってしまっていたことで
数日スルーしていましたが、
どうやらまたiTunesの再生カウントがおかしいことに気付きました。

第86期音楽再生数統計Excel版上位抜粋
上の表は音楽再生数統計をExcelでまとめたもののうち、
直近12ヶ月分の再生回数を前期月間再生数降順で並べた一覧表です (クリックで拡大)。
ちなみにソフトウェアはiOS8.0が09月17日 (第85期)、8.1が10月21日 (第86期)、
11.4が09月10日 (第85期)、12.0が10月16日 (第86期)となっています。
前期トップはテクノポップ系ユニットamU『Prism』(2009)より“NEO TRAVELER”で79再生。
月間79再生というのはかなり大きい数字なのですが、
この曲を含む第85期新曲がここ一年の中ではかなりの粒揃いで久々にハマりつつ聴いたのと、
プレイリスト作りにかける時間が最近ますます後退していて
同じ曲を聴く機会が増えていたことから、特に違和感を感じなかったんですよね。
出勤時と退勤時で一日2回聴けばこんなものだろうな、と。
月間再生回数もこの一年間のうち今春が少し谷になっている以外はほぼ横ばいだったのも
不具合に気付きにくかった原因なんじゃないかと思います。

しかし、よくよく考えればこれほどの再生回数が果たして2ヶ月連続で続くのだろうかと。
しかもランキングをよく見れば実に5位までが同じような感じで推移しているという。
それだけ先月も同じような曲ばかり聴いていたと考えれば一見納得できるのですが、
もしかしてまた多重カウントバグがあるのではないかとググってみると、
やっぱりありました。
(参照:iTunesの再生回数が異常なペースで増える – Apple サポートコミュニティ)

リンク先のディスカッションをざっとまとめると、

  ・iTunes 11.4以降とiOS8.0以降の同期時に再生回数が必要以上に増えるバグがある
  ・iTunes 12.0.1でも解決はしていない
  ・iOS側の再生カウント自体にバグはなく、問題があるとすればiTunes
  ・現状回復する手段は無く、今後のアップデート次第

といった感じみたいです。iTunes Match問題で悪戦苦闘したと思ったら今度はこっちか……。
iOS8にしてからというものの先々月末の初期不良といい、iTunes Matchといい、これといい、
ちょっと不遇なトラブルが多すぎると思うのは気のせいでしょうか。
現状、この状況を避けるにはiOS8にしていない端末を使うしかないようです。
うーん……ここに来て二台持ち復活を余儀なくされるとは……。

実は今日、この問題が発覚する前にiTunesを何も考えずに12.0にしてしまったのですが、
デザインがまったく受け付けられずにすぐにダウングレードを決意しました。
iOSと違ってこちらは (手間はかかるものの) ダウングレードできるからマシとはいえ、
しかしつくづくApple製品のアップグレードほど
苦渋を飲まされている罠も他に無いんじゃないだろうかと思わされます。
以前のように同期が正常終了しない程度のバグなら
再生回数の増え方に法則性があるので戻しようがあったのですが、
今回はもうどうしようもないので再生数統計上はこの数字を記録するしかなさそう。

2011年以降のスマホ機種変問題では、
Androidは一本化はできないけれど二台持ちのメイン機としては適役で、
iPhoneは一本化できるけれど二台持ちのメイン機にはなれない、
というのが自分なりの結論だったので、
ここでいきなりiOS二台持ちを余儀なくされることはかなり不本意なことではあります。
まぁでも、再生回数をなるべく健全に維持していくためには仕方が無いか……。

0

コメントを残す