#3965

気まぐれの羅列


web制作 デジモノ 文化

先日のブログアクセス数激減の問題ですが、
Googleウェブマスターツールにこのブログの新アドレスを登録したら数日で改善しました。
つくづく、いきなりURLを変更したのはマズかったなと反省……。
もっと開設前に考え尽くしてから設定すればよかったですね。何を今更という感じですが。
htaccessの設定で旧アドレスから新アドレスへの転送ができればよかったのですが、
元のアドレスが短すぎることもあって、それをやると
新アドレスと同じディレクトリにあるWordPress以外の挙動が怪しくなりそうで結局できず。
URLが短いということの弊害を実感せざるを得ない今回のトラブルでした。

アクセス数は徐々に復活していますが、エゴサしてみるとまだ新アドレスは
記事別ページなどが検索結果に出てこないので、クロールは今後順次という感じになりそう。
まぁ自分としては20pv/日くらいあれば特に危機感はないのでそれ以上望まないんですけどね。
ただやっぱり、10pv/日を切るとどうしても焦ってしまうというのは今回の件で分かりました。
そりゃあ、ネットの片隅で孤独ながらに書いているという自覚はある程度あるけど、
その現実を数字で否応なしに突きつけられるのはなんというか……
なんとも言えない気分になるというか。

そういえば先日、去年だか一昨年に流行った漫画
『進撃の巨人』(諫山創 / 週刊少年マガジン / 講談社) の最新刊が出たというので
BookLive! でそのデジタル版を買って読んでいました。
内容のネタバレは例によってさておくとして、BookLiveは先日個別ポイント制が終了したとかで
どうやってこれから買えばいいんだと困惑していました。
というのも、このオンライン書店は月ごとに自動でポイントチャージされる月額ポイント制と、
そのポイントを都度チャージできる個別ポイント制がありました。
この辺は感覚としてはiTunes Storeに近いです。1ポイント=1円で、
まずクレカ決済でお金をポイントに変換してから買うといった流れ。
ただ、前々から11月末で個別ポイント制を終了するというアナウンスがされていて、
毎月必ずチャージしないといけないのはちょっと……と戸惑っていたら、
いざ11月が終わってみると月額ポイント制も終了するという話になっていたんですよね。
それじゃあどうやって買えばいいんだといろいろ調べていると、
どうも購入時にポイント決済じゃなくてクレカから直接払う方法もあるんだそうで。
一時は「Bookliveにしなきゃよかった」とまで思い込んでいましたが、
フタを開けてみれば、ポイントに変換するという工程が減っただけの話みたいで、
ただ一人で困惑していただけみたいです。

電子書籍ストアは、そのサービスが終わってしまうと
今までの蓄積もすべておじゃんになるという意味では
ストリーミングサービスに近いものだと思っています。
今回は自分の勘違いで済みましたが、なんとなく電子書籍ストアの足下の暗さを感じました。
決済方法だけじゃなく、結局はサービス提供側の気まぐれ次第で
作品の選び方やコスト、その維持も全部左右されることを再認識したというか。
やっぱり、本当に好きな作品は改めて紙の本で買っておくのがベターなんでしょうかね……。
電子版はあくまでお試し程度の存在であるべきなのかもしれません。

0

コメントを残す