#4005

過去を繋ぐ鎖


web制作

冬休み9日目。最終日。

最終日なのに05時就寝14時起床と とびっきりの大崩壊をやらかしたわけですが。
今までの自堕落時代のパターンから読むと、暴走睡眠した翌日の就寝時間は
前日の就寝時間+2~3時間くらいであることが多いです。
そこから考えると今夜、眠くなるのは本来なら起きる時間辺りになるということ……。
今までならこういうパターンは徹夜で乗り切るのが常でしたが、
最初の通勤日にそれをやってしまっていいものかどうか。
まぁでも初日は何事もなければスケジュール的にはそこまで忙しくないはずなので
ある程度の無茶は通りそうな気がしなくもないです。
そうとなれば、朝まで延々WordPressをいじってみるのもアリかも?

そんなわけでWordPressのカスタムが流行っている昨今、
昨日と今日は前々から実装したかった「関連記事」機能について試行錯誤していました。
試してみたのは、外部サービス「zenback」、基本プラグイン「jetpack」、
サードパーティプラグイン「Yet Another Related Postss Plugin」(通称 “YARPP”) の三つ。
zenbackは国内ブログで割と使っている人を良くみかける、
関連記事の他に他ブログの関連記事やソーシャルアイコンも載せてくれるサービスです。
jetpackは言わずとしれたWordPressの汎用プラグインで、
アクセス解析、ショートコード、ソーシャルアイコンなど多彩な機能があり、
その中でも最近のバージョンアップで関連記事追加機能が加わっています。
YARPPは関連記事表示に特化した昔ながらの定番プラグインで、
導入に一癖あるもののカスタマイズ性は随一。

結論から言うと、三つとも有効化した状態で見比べた上で“YARPP”を採用することにしました。
まずzenbackは広告が必ず付いてくる上に、外部からテキスト解析を行っているためか
内部リンクの生成にえらく時間がかかるらしく、なかなか表示してくれないのが難点。
jetpackは有効化してすぐ関連を表示してくれる上に精度もそれなりではあるのですが、
細かいカスタマイズをプラグインの設定からいじれず、自由度に欠けると感じました。
YARPPはサーバーによってはMySQLのデータベースをいじる必要が出てくるため
導入のハードルはありますが、
出力にWordPressのテンプレートタグを含めたphpファイルを扱えるため、
単なるリストアップではなく、記事番号なども付け加えられるのがなかなか良いです。

YARPPは本文やタイトルのみならずタグ基準でも関連記事を拾ってきてくれるので、
雑文がほとんどを占めるこんなブログでも、
タグ整理さえそれなりにしていればそれなりにそれっぽい記事を選出してくれます。
今まで、このブログは内部リンクがかなり適当になっていた感があり、
ひとつの記事を読んで次を読みたいと思っても前後の記事しかリンクがなかったので、
今回の件でようやく少しは内部リンク周りも幅が広がってくれたかなという感じはします。

どうせ眠れないであろう今夜、関連記事表示以外にもひとつふたつカスタマイズを進めておいて
また明日からのブログどころではなくなる毎日に備えたいところです。
それにしても冬休み、本当にゲームをしない九日間だったなぁ……。
今回はもう中盤からはゲームから離れていいやと割り切って過ごすことにしたので良いですが、
ゲームに代わるストレス解消手段を手にしたわけでもない今、
ただ単にゲーム離れを進めればいいというわけでもなく、危機感はほんのりあります。

0

コメントを残す