#4047

白星の重み


ゲームのプレイ日記 文化

01時半就寝11時半起床。すんなりと10時間もの長時間睡眠ができたのは久々な気が。
そのせいか26時現在あまり眠たくない状態です。これはマズい。

主に睡眠時間を遅らせている原因になっている遊戯王OCGの方は、
今日は七軍【魔力カウンター】をちゃんと戦えるように改築して
実戦投入してみましたが、結果はあえなくボロ負けでした。まるで回っている感じがしない。
このデッキは《マジックテンペスター》の効果を利用することによって、
魔力カウンター16個を積み上げて、
それを8000の効果ダメージに変換することで戦わずして勝つというデッキなのですが、
今日の初戦では2ターン目までに9個まで溜めることはできたものの、
返しのターンが常にガラ空きだったため、あと7つ溜める前にあっさりやられてしまいました。
守りを固めればもっと安定するのかもしれませんが、
このデッキはキーカードを引けなければ敗北も同然のため回転の速さはかなり重要で、
守りのためのカードをどれだけ入れるかという調整は大分難しそうな予感がします。
あとは【ゴーストリック】も今日は不調でした。まだ回し方が分かっていないような感じが。

一方、四軍【インティ&クイラ】が今日は絶好調で、
相手の五軍以外の4デッキをすべて打ち負かすほどの連勝をしてしまったため、
なんとなく不穏な空気のまま解散の流れになりました。
TCGのようなカスタマイズ性の高いゲームは
時間をかけてカスタムすればするほどデッキに対する愛着心も増していくため、
それら同士が戦うとなるとどうしても真剣勝負になりがちで
負けたときの落ち込みが他ジャンルのゲームよりも強く出やすい傾向にあると思うんですよね。
それは、他ならぬ遊戯王OCGのプレイ経験から自分も幾度となく体験してきていて、
身内同士のみの戦いは何よりもパワーバランスが大事だというのは分かっているのですが、
一方でデッキを作る以上は勝てるように作りたいと考えるのはある意味当然の話で、
この辺の矛盾したところがローカル限定TCGの難しいところでもあるのかなとは思います。
今日含めて、我が家では定期的に負け抜け制でそれぞれデッキを交換しつつ戦うのですが、
今回はそれが裏目に出てしまったような感じはします。
でも毎回アトランダムの組み合わせで勝負するだけではデッキの強さが永遠に分からないし……
この辺も難しいところなのかも。
40枚という限られた制限の中で遊びの要素を入れるのはもっと難しいし、悩ましいですね。
でもこれを放置していたらまたすぐ冷めてしまいそうな予感がするので
なんとか改善していきたいところです。

今日は他にiOSゲームが久々の追い風で、『』は
一周年記念で歴代イベントの無条件解放が行われていたので、
去年10月のまだハマり始めた頃にやっていたイベントのボス“オオマガツフウジャ”を狙うべく
ボスイベントを周回していたら、40回ほどのトライで無事にドロップしました。
ボスドロップは本当にもう何ヶ月ぶりだろうというくらい久々の出来事です。
そういえば通常クエストもさっぱり進めなくなって久しい今日この頃。
たまにはギルバトと曜日イベント以外にも手を出してみるのもアリか……。

他にも今日は『King of Thieves』というゲームと巡り会い、
ちょっと触ってみたところ、Clash of Clans系としてはなかなか期待できそうなタイトルです。
簡単に言えばClash of ClansのPvPによる奪い合いのシステムを、
2Dアクションの世界に置き換えたような感じのゲームです。
防衛側は2Dアクションのミニステージをカスタムし、
攻撃側はそのステージをクリアできれば強奪成功というのがおおまかな流れ。
リーグやクラン作成といった、この手のゲームにありがちな交流システムも一通りある模様。
ステージエディット要素の奥深さ次第ではかなりハマれそうな予感がします。

去年末以降、ゲーム趣味そのものが下火になっていて
22年目にしてついにゲームと別れるときも来るのかもしれないと思っていた昨今でしたが、
なんだかんだで遊戯王OCG、テトリス辺りをきっかけに少しずつ復帰しつつあります。
まぁでも、よくよく考えてみればこれだけ続いている趣味が一ヶ月やそこら不調なくらいで
そう簡単に辞められるはずがないか。
それでも去年末みたいな残業フィーバーが続いてしまうとさすがに厳しいでしょうが、
そこまで残業が酷くない今は復帰のチャンスであるようには思います。
ただ夢中になりすぎてブログが疎かになるのも考えものですけどね……。

0

コメントを残す