#4096

協力系つまみ食い


ゲームのプレイ日記

去年秋以来定期的に漁ってはことごとくチュートリアルで脱落している、
いわゆるモバイルオンラインゲーム。
このブログでは便宜上モバイルマルチ系と呼んでいるこのジャンルですが、
最近我が家では
ローカルマルチプレイができるモバイルマルチ系タイトルを求める向きが強くなっていて、
今日はその機能が実装されている、既存のタイトルを片っ端から遊んでいました。

パズドラに代表されるこの種のタイトルは、非同期のオンラインマッチングは昔からありますが、
ローカル通信でのマルチプレイは2015年の今でもまだ一般的ではないように思います。
リアルタイムマッチングも、去年KONAMIが『ドラゴンダイス』というタイトルを出して以降は、
めぼしいものが (少なくとも自分の周りでは) 見つかっていないのが現状。
そんな中『モンスターストライク』はローカルマッチングにも対応しているタイトルで、
なおかつパズドラ系の中では人気タイトルでユーザー数も多く、
もしかしてこれは我が家のパズドラ的存在の筆頭になるかも!? という期待もあったのですが、
端末のスペックの問題なのか、どうもアプリ自体が不安定だったのと、
キャラデザがとにかく不評だったこともあって自然と流れてしまいました。

次は『白猫プロジェクト』。こちらも去年秋に少しやっていたタイトルです。
かつて2009年春にハマった『ファンタシースターZERO』を彷彿とさせる雰囲気に
一時はかなり期待していたのですが、去年秋時点では通常クエストのマルチプレイができず、
その通常クエストの難易度がかなり高いということで、
一番協力したいところでマルチプレイができないもどかしさからか、
これも去年の時点では長続きしませんでした。
が、今改めてやってみると、いつの間にか通常クエストもマルチ対応しているという。
ただし操作の同期にはまだ課題があるみたいで、
通信相手のキャラクターが明後日の方向を向いて剣を振っていたり、
何も無いところに突っ込んでしまっていたりして、
せっかくの協力プレイの旨味が活かせていないような印象でした。あと二人までというのも辛い。
ただ、逆に言えばこれら欠点がアップデートで改善すれば
まさしく六年前にハマった協力系アクションPRGの再来ということになるわけで、
そういう意味ではこのタイトルはまだまだ可能性を大きく残していると思います。

『スリングショットブレイブス』というタイトルもプレイしました。
モンストと同じく“おはじきバトル”系のゲームで、こちらは3Dデザインになっています。
通信は割と安定しているようでしたが、これも同時プレイは二人までが限界で、
最大四人まで遊べる家庭用ゲーム機の代替として遊ぶにはちょっと力不足感はあるかも。

そんなこんなでメジャーどころをつまみ食いしていって辿り着いたのは、
これも去年秋に一度遊んだことのある『ポコロンダンジョンズ』というタイトルでした。
かねてよりマルチプレイモードを実装すると言われていたものの、
その後個人的にメルストにハマっていたこともあってしばらく放置していたこのタイトル。
パズドラのパズル部分をラインドロー系のマッチパズルに変えたような内容なのですが、
ターン制ということもあってマルチプレイでも軽快でしかも四人までの参加に対応、
イベントクエスト (一部) もマルチプレイ対応でスタミナ消費はホストのみ、
さらに今なら共闘するだけで課金アイテムが貰えるキャンペーン中と至れり尽くせり。
さすがに収集要素はかのパズドラには一歩引けを取るものの、
レアガチャを気兼ねなく引けるというのはやはりというか大きなアドバンテージみたいで、
結局この日は半日以上、レアガチャのためという大義名分でポコダン三昧でした。

去年秋辺りからスマートフォンゲームも
じわじわとMMORPGのような本格的なマルチプレイタイトルが発表されるようになってきていて、
なんというか今はちょうど過渡期にあるような感じはしています。
『Clash of Clans』のような革新的なタイトルを求め続けて早一年半が経とうとしていますが、
2015年はモバイルゲーム界の大きな転換点になるような予感がしなくもないです。
我が家にとってポコダンがそのとっかかりになってくれたらいいなーとは思っていますが、
とにかくひとつのタイトルが長続きしない昨今、やはりというか期待は禁物、でしょうかね。

0

コメントを残す