#4105

迷子の個人情報群


デジモノ 文化

二台目端末購入妄想で盛り上がっていた矢先にdocomoから先月分の携帯代のお知らせが来ました。
その額なんと16,412円。端末代込みの二台持ちより高いってどういうことだこれは……。

内訳を確認すると通話料金が約7,000円とありました。
通話料以外は8,000円をギリギリ割るくらいの値段に抑えられてはいるものの、
通話料金と消費税だけで一回線分以上のロスになっているという状態のようです。
自分の場合、少なくとも自分から電話をかけることは本当に滅多にないはずなのですが、
着信のタイミングで出られないことも多く、
結果としてこちらから掛けることの方が割合としては多いような感じはします。
頻繁にかかってくるということは決してないのですが、
会話が始まってしまうと話し込んでしまう性質の友人が周りには多いみたいで、
一回の通話で1時間超えは結構ザラだったりします。それがおそらく通話料増大の原因かと。
これまでも通話料金がやたら嵩んでしまうことはたまにありましたが、
15,000円を超えたのは大学院時代以来です。

さすがに通話し放題のプランがあるのに従量制でこんなにロスするのはバカらしいので、
カケホーダイプラン、LINE、Skypeのいずれかには手を付けるべきだと思うのですが……
カケホーダイはデータ通信のコストが事実上の値上げになって容量制限もキツくなるし、
LINEは2014年初頭に招待された後、結局またアカウントを消してしまって迷子状態だし、
残るSkypeも もはや誰もやっていないしで手詰まり感というか孤独感が無きにしも非ず。

まぁ、どっちみち二台持ちするならカケホーダイプランで契約せざるを得ないので、
さっさと移行してしまうのが無難なんでしょうが。
携帯番号絡みの話について言えば、
なかなか手が出ないLINEもしかり、個人情報流出云々の話に過剰に反応してしまっていて、
それが交流の幅を狭めてしまっている原因になっていることは否定できません。
その辺はこれからもっと割り切る方針で行ってもいいのかもなーと、今更ながらに思ったりも。
ネット名義として使うスマホと、実名として使うスマホの使い分けって中々難しくて、
ある意味二台持ちに期待する一番大きなところが、その解決なんじゃないかなと。

0

コメントを残す