#4225

道なき道をゆく集い


今日の出来事

ゴールデンウィーク以来久々に地元友人との飲み会がありました。
今回、初の試みとして高校時代のクラスメイトを
このブログで勝手に付けたハンドルネームに置き換えて書いていくことにします。

02時半就寝08時05分起床。お盆前四連勤の三日目を無事に乗り切って帰ろうとすると、
高校クラスメイトからの不在着信が入っていました。
帰宅後電話してみると、電話に出た “ねぎさん” が
「なんかクソみたいな展開になったんだけど聞いてくれる?」
と言うので、一体どんな事故が起きたんだと思って聞いてみると、
まず今日のお昼に高校クラスメイトでいつも集まるメンバーのうち一人が
いきなり「今夜みんなで集まろうぜ!」と声をかけてきたらしく、
とりあえず二人で呼びに回ったらなんと四人も集まってしまい自分が六人目なんだとか。
集合時間は19時 (この時点で18時37分)。
諸々あって明日休みのはずだったのが前倒しで明日出勤になったばかりというのに、
なんでよりによって今日なんだ、という気持ちしかありませんでしたが
仕方がないので行きました。

車で出迎えてくれるとのことだったので、退勤後間もなく疲れている身体はさておき、
自宅からも近く集合場所として都合の良い最寄りのゲーセンに再び自転車を走らせました。
プレイするたびにブランクが空くようになって久しいbeatmania IIDXでしばらく遊んでいると、
4クレ目の3曲目終了後、2Pサイドに突然見慣れた姿が。
その “うずらさん” に引きつられて三人と合流し、
まずはこの四人でアルコール無しの夕食をとろうということでしゃぶしゃぶ屋に入りました。
当初は一人の提案で激辛鍋の店に入るつもりだったのが大変混んでいるため店を変え、
このしゃぶしゃぶ屋も最初は30分待ちと言われて店を変えようとしたのですが、
どうせどこも混んでいるだろうからということでここで待ち続けることに。
ちなみに高校時代の友人としゃぶしゃぶを食べたのは二年ぶり二度目だったりします
(参照:#3355「中途半端の利」/2013年04月20日)。

その前回は食べ放題にふさわしくとにかく食べまくった記憶がありますが、
今回は注文してから店員さんが運んでくるまでのラグがかなり大きかったということもあり、
食べ放題と言うほど食べたような感覚はありませんでした。肉の質もそこそこという感じ。
誰かさんがウズラのたまごを注文しまくっていたのと、
別の誰かさんがネギを食べまくっていたのが印象的でした。

ちなみに当初予定では19時に入店して軽い食事のあと、
遙々高速に乗って駆けつけてくれる予定の一人と、あとは21時まで別の会に出席している二人と
すぐに合流して二次会で本格的に飲み食いするという段取りだったみたいなのですが、
30分待ちの上に入ったしゃぶしゃぶ屋は2時間コースということもあり、
終わる頃には22時半を過ぎていました。
自分が待つ側だったら間違いなく帰って今頃愚痴を書いている頃ですが、
そうならなかったのはまぁ幸いというべきか。

しゃぶしゃぶ屋退店後、翌日出勤日という “げきからさん” とはここで分かれ、
代わりに “はるばるさん” と合流して彼の車で残る二人と会うため、駅近のゲーセンへ。
しばらくUFOキャッチャーコーナーをうろうろしていると、
突然に残りの二人が現れました。
うち一人はこの暑いのにピシっと黒いジャケットでキメていて、
その古臭さとゲーセンでゲームをする姿とのギャップがとてもカッコいい “おっさん” でした。

揃った六人で、大抵この面子でいつも入っている駅付近の飲み屋に入りました。
二次会はいろいろな話が飛び交いましたが、前回の反省点でもあったパズドラ独占の流れにはならず
パズドラ話になりそうなところでねぎさんが巧妙に話題を変え、結果的にはほぼ完封でした。
当然その流れでコンシューマーゲームの話も皆無でしたが、
そっちの話をしたら必然的にパズドラ話にもなるだろうし、仕方なかったかなと。

その代わり飲み会では最近いろんな人と会っているという “たらしーさん” の話に華が咲きました。
曰く、先月下旬に唐突ながら高校クラスメイト男子2人×女子2人での飲みが実現したそうで、
それじゃあ次の飲み会にその二人も呼ぼうぜ!
という話になり、さしあたり09月シルバーウィーク~年末年始の二回は
たらしーさんがそれぞれ女子を最低三人は呼ぶという話になりました。
もし実現すればいつものメンバー以外の高校クラスメイトと会うのは
高卒後以来八年半ぶりということになります。
実は2011年にも同じように女子を呼ぼうという話になったのですが、
一人はドタキャン、残った一人もさすがに紅一点は居づらいと思ったのかキャンセルし、
結局いつもの面子で呑むということがありました。
ちなみにこのとき自分は不参加 (参照:#2731「同窓会のお知らせ」/2011年08月12日)。

最近合コンに積極的に参加しているというおっさんも
その話になるとテンション上がり気味でした。
やっぱり年齢的に致し方ないのか、
この頃同世代で集まると異性との出会いの話に偏りがちである気がします。
この日も合コンでの収穫はどうだったとか、
しばらく会っていない高校クラスメイトのとある人はもう結婚して子どもがいるらしいとか、
このところ、そういう話が出ないことはほぼ皆無であるように思います。
今年初頭まではまだギリギリ「理想のタイプは云々」で止まっていたのが、
今春以降急に現実味を帯びてきたような。
それでもうずらさんにフォーカスが当たると
『ラブライブ!』の話に一気に傾くのはさすがというか。
対象が二次元でもいいかどうかはさておき、そういうぶれない人間になりたいものです。
ここで勢い自分の最近の恋愛観の話を書いてもいいですがキリがないのでまた今度で。

次回シルバーウィークでもし本当に八年半ぶりの同窓会が実現するとしたら、
この六人うち一人を除く五人は自然と下ネタは避ける人たちなのでその点では安心なのですが、
自分個人としては一人不明瞭なまま生きていることが浮き彫りになってしまって
居づらくなってしまわないか不安なところはあります。
高校クラスメイトとの飲み会は、
久々のようで久々じゃないからこそ気兼ねなく行ける良さがあると思うのですが、
そこにニューフェイスが加わると、冒頭でお互いの現状確認の儀式があるのは必至。
果たして、そこで鏡を見るような真似をさせられて
平穏無事に立ち回れるのかと言われると、今までの自分を鑑みるに結構厳しい気がします。
まぁ、女子だって別にビジネス上の取引相手というわけでもないわけで、
気負いの必要はまったく無いはずなのですが、やっぱり不安といえば不安ですね。

飲み会は02時40分過ぎにお開きとなりましたが、その後代行待ちで外でだらだらと喋り続け、
そこでも会話内容の大半は次回の飲み会の話でした。
代行組三人を見送ったのち、残りのメンバーと一緒にタクシーに乗り込み、
最初の集合場所から自転車を引いて自宅に着き
急いでシャワーを浴びて床に就いた頃には03時半を過ぎていました。

そんなこんなで、次回はなるべく参加しない方向で行こう、と決め込んでいた前回から一転、
新しい風が吹き込みつつあることを予感させられた今回の飲み会でした。
自分個人としては平日出勤日の疲れと翌日出勤日のプレッシャーもあって
思っていた以上にハッチャケられなかったし、ストレスからか毒舌気味だった反省もありますが、
まぁ全体的な雰囲気が楽しい方向に傾いていたし良しとします。
唯一気になる点としては、今後、自分も積極的に出会いを求めていかなければ
徐々に会話に参加できなくなっていくんじゃないかという危機感がなくもなかったです。
それくらい、終始そういう話で埋まっていたんですよね。
この面子ってこういう話そんなに好きだったっけ? と思うと若干違和感がなくもない。
やっぱり今はそっち方面に焦るべき時期なんだろうかとか思いつつ聞く側に徹していた今回でした。

例によって期待は禁物なので、次回もまぁ紆余曲折あって結局いつも通りになるんだろうな、
などと思いつつ、マイナス要素を払拭できたこの流れを維持してほしいところ。
そんなわけで出勤日に挟まされているにも関わらず無茶な時間まで呑んでしまった一日でした。
まぁ、言うほど大してアルコールを呑んでいるわけでもないのですが。

0

コメントを残す