#4264

二分の一名義の煩悶


デジモノ 空想

今月初頭に三年ぶりにキャリアメールのアドレスを変えたばかりなのに、
早くもまた変えようかなと思い始めている今日この頃です。
基本的に自分の場合、ネット名義上の交流はほぼTwitterのみ、
プライベートの連絡手段は電話もしくはSMS、そしてキャリアメール、
プライベートではあるけれどネット名義と紐付けしたくないといったパターンの場合は
GmailなどのPC用サブアカウントを作ってそれを使うことにしています。

キャリアメールは前々から、MNPごとにアドレスをリセットせざるを得ないという事情から
あまり積極的に使ってこなかったのですが、docomoのメールサービスクラウド化によって
その悩みがいつの間にか解消されていたので、
それならプライベート用にGmailを使う必要もないだろうということで、
アドレスをさっそく変更して変更連絡メールを一斉送信したのですが……。
そのときに、“リアルの繋がりとして自分を認識しやすく、覚えやすく、
なおかつ万が一晒されても支障の無い文字列” を条件にメールアドレスを必死に考えたのですが
結局良いものが浮かばず、いつものネット名義と同じ名前にしちゃったんですよね。

そのときは大分時間に追われていたという事情もあって「これでもいいか」と楽観的でしたが、
考えてみれば、そこでネット名義を使ってしまったら
今までせっかくネットとリアルの線引きをしてきたのが無駄になってしまうじゃないか、と。
まぁその線引きがそもそも無意味という意見もごもっともではあるものの、
やはり自分にとっては、ブログを見られるのに抵抗のある人とそうでない人との間には
明確な壁があるわけで。現時点の状況だと、その後者に当たる緩い繋がりの人たちに
docomoドメインのアドレスは教えるのに強い抵抗を感じてしまうんですよね。
それって何というか、時間の無駄というかコネが狭まる原因になるような気がしないでもない。
元々プライベートの繋がりを軽視してきた自分が今更そこを気にしても
すでに手遅れな感じはしないでもないですが、
とりあえずネット名義とは完全に切り離したアドレスはまた改めて作っておきたいなと……。
そしてもう今後は面倒なことにならないように、リアル名義はそれ一本で行きたいところです。

メアド変更をしたのは09月01日でしたが、
そのときは「せっかくのブログ11周年の区切り目だから」と焦っていた感も否めず。
実は新メールアドレスのために独自ドメインまで取得してしまい、
それも一日経ってすぐに色褪せてしまって使わずに今に至ります。
この辺はいずれじっくり考えてからリベンジしたいところです。
でも、上に書いたような条件をクリアして、
なおかつ覚えやすいアドレスを考えるというのもなかなか難しいような……。

つくづく、ネット上のプライベート情報交換の問題でこう迷走してしまうのは自分の悪癖です。
人並みに使っているわけでもないのになんでこうも敏感になってしまうんだろう。

0

コメントを残す