#4283

気分転換の最終手段


空想 自分

今年初頭の繁忙期にもちらっと書いた一人旅計画。
ふと、11月連休が確保できるなら思い切ってそこで実行してみるのもアリかも、
ということでおもむろに具体的な移動計画を立ててみたら
その試行錯誤がやたら面白くて旅行計画自体にハマりそうになってしまっています。
以前は第一候補は北海道と書きましたが、距離的に現実的ではないので
それはもっと歳を取ってからすることにして、今のところ筆頭候補は観光都市の代名詞、京都。
現住所からのルートをざっと探してみると、
まぁやっぱりというか東京経由で上越新幹線→東海道新幹線と乗り継ぐのが最速みたいです。
ただし長距離を新幹線のみで飛ばすことになるので金銭的負担が相当なことになります。
往復ともこれに頼るのはちょっと避けたいところ。
金沢―京都間が特急サンダーバードで繋がっているので、
じゃあまず特急で金沢に行けばいいじゃん、と思って日本海側のルートを調べてみると、
以前よく帰省でお世話になった特急北越が今年の03月に廃止になってしまったそうで。
代替ルートは、まず上越妙高駅までを特急しらゆきで行き、
そこから今年春開通の北陸新幹線に乗り換えるというのが早そう。
以前は乗り換え無しの直通ルートがあったことを考えると若干不便になりましたね。
これでも新幹線は使うので値段はそれなりですが、東海道ルートと比べるとそこそこ安いです。

金沢に寄るなら、2013年ゼミ旅行で行けなかった大学時代のアパート周辺に行くのも手ですが、
バスやらなんやらの手間を考えると、それだけのために止まるのは勿体ないかも。
本当に仕事を辞めて時間無制限の一人旅ができるならアリだとは思いますが、
現状せいぜい2泊3日が限界ということを考えると無駄の削減も必要になってくるわけで。
ただその場合、目的地を決めてもそこに行くことが有意義なのかどうかを考えはじめてしまって
“贅沢すぎる気分転換” という当初の目的を見失いがちな気はしますけどね……。
でも時間は限られているんだからある程度はしょうがないか。
京都で確定したわけではありませんが、
今のところ上に書いたようなルートでまず関西方面に行き、
帰りは東海道新幹線で東京に行き、そこでもいろいろ見て回って
最後地元への帰還も新幹線を使うというルートで検討中です。
この場合、往復合計での移動費は実に約35,000円。それだけで満喫できるならまだしも、
実際にはその他にも観光のための費用など諸々を含めると6万円近くになると見込んでいます。

自分にとって一人旅行は、深刻化した浪費癖が行き着く究極形です。
最近になって特に、休日に新鮮味がないことに悩むことが多くなってきていました。
休日計画を立てはするけれどメインタスクはあくまでも当週分のブログ下書きを埋める作業、
それを除いた時間をよく見てみると、どれもこれも「先週の続き」で目新しいものがない。
仕事も、しんどすぎることは無い代わりに面白い刺激があるわけでもない。
要するに毎日が同じようなことの繰り返しであることに耐えられなくなりつつあるんですよね。
だからこそ、こういう一人旅行妄想をしたりするようになったのかなと。

今週末の三連休にいきなり実行するには無理があるので、
もし本当に行くとしたら、今年以内であれば来月の勤労感謝連休が最後のチャンスになるかと。
ただ現段階でのスケジュールでは、その時期は繁忙期にギリギリ掛かっているので
三連休確保はともかく、有休をくっつけて四連休にするのはかなり厳しい気も。
でもそこを逃すともう間もなく今年も地獄の年末繁忙期がやってきてしまうため、
本当に行動するとしたらそこですね。
うーん、こう考えるとシルバーウィークは絶好のチャンスだったのかも。

一人旅というのは、基本的に自由時間=インドアが当たり前の自分にとっては
かなり勇気の要る行動であり自分らしくない行動でもあるので、
その辺のリスクやらなんやらをもう一度よく噛みしめてから決断したいと思います。
もしも同伴者がいればもっと早く決められるんでしょうけどね。その辺はまぁしょうがない。

0

コメントを残す