#4330

第三の作業場


デジモノ 自分

定期的に自分の中で話題になるスマホ二台目持ち問題。
格安SIMの登場だとかAndroid 5.0といったiOS以外のスマホの新しいニュースが入るたびに
どうしようかなーと悩み、そして結局用途が少なすぎるということで
これまで断念してきたのですが、昨晩眠れない夜にiPhoneでネットサーフィンしていたら
iPad miniサイズのWindows 10タブレットがかなり安価で入手できるということを知り、
これなら今度こそアリなんじゃないか、と物欲が盛り上がりつつある昨今です。

かつて持っていたWindows Mobile 6.1搭載機 “WS020SH” 通称 WILLCOM 03は、
自分にとってのスマートフォンの先駆けであり
昔々から手のひらに収まるパソコンが欲しかった自分にとっては
まさに垂涎のアイテムだったわけですが、今では信じられないようなロースペックでした。
レジストリをいじりまくらなければ使い物にならない代物で、
それがまた自分好みにカスタマイズできる楽しみを生み出していたいっぽうで、
携帯機ならではの用途に所々で対応できず、
かといってPCの代替にもなり得ない中途半端ぶりに次第に疲れてきてしまったのも事実で、
結局おもちゃの域は出てはいなかったんじゃないかと今改めて思います。

それが2008年の話で、
二年後の2010年にはiPod touchと出会って今のスマホ生活の基盤ができました。
PCでの諸々の作業とはまったく違うスマホのスタイルが確立した現在、
今更のように一台のスマホにPCの代替機能を求めるようなことはありませんが、
やっぱりスマホはスマホでやりたいことがあり、PCにはPCにしかできない役割が存在するわけで、
状況によって後者を持ち運びたい場面というものは
今までにもあったしこれからもあると思うんです。
今までもiPad Airのリモートアプリ+bluetoothキーボードで外出先のブログ執筆くらいは
十分にカバーできていましたが、OSがWindowsでUSB拡張もできるとなれば、
おおよそ今PCでやっていることが持ち運べてしまえるのではないかと。
例えば今はDropboxもEvernoteもパスワード管理もiPadでは特定のアプリ経由のため、
どうしてもアプリの出来不出来に左右されてしまい使い勝手が変わってくる嫌いがありますが、
OSが同じならそういう不安もないわけで。
唯一の問題点はiTunesライブラリを共有できないという点ですね。

Windowsタブレットは持ち運べる限界サイズの8インチ、
小さなノートPCのような扱いになる10.1インチ、そしてそれ以上といった具合に
いくつかグレードがありますが、持ち運び重視ならやっぱり8インチが無難そう。
ただこの界隈はAndroidタブレットと比べるとそれほど活発ではないようで、
やたら安価な製品はいくつかあるのですが、
スペック的に大丈夫なのかとやや不安なところはあります。
でも勢い余ってSurfaceとか買っても宝の持ち腐れになってしまう可能性が否めないし……。

また二台持ちのそもそもの目的は電話番号を二つ持つことにあったわけで、
これだと本末転倒になってしまう感も否めず、いろいろとしがらみはありますが
とりあえずいろいろと検討してみたいと思います。

ちなみに今日は03時就寝08時起床の、久々の休日出勤の一日でした。
とにかく集中力不足に悩まされたのは言わずもがな。
今年はここまでなんだかんだで祝日付き三連休が二連休になる程度の追加出勤で済んでいますが、
本当の繁忙期に突入する来月は果たしてどうなることやら……。

0

コメントを残す